曇鸞当時の浄土教
悉曇論
天台性悪論
宗学の体系とその論理-特に原理的考察を中心として
嘉祥の浄土教観
善導教学の周辺について-別時意会通の問題
恵心僧都の観勝称劣論考
禅者の念仏観の二、三について
浄土開宗の意義に関する考察
浄土開宗の論理
法然教学における教判の外相と内相
法然教学における戒の意義
選択集における凡夫論
法然教学における罪悪観-鎮西教学を中心として
法然上人の御法語に関する一考察
浄土宗義における不退論考
宗学方法論序説
浄土教思想研究序説
禅と念仏との間
浄土教の非神話化について-特に浄土宗の宣教を中心として
現代思想家の浄土教批判
浄土宗学即今の課題
還相回向論-浄土教における還相性の問題
念仏論
法然上人の浄土観-その時機相応性をめぐって
鈴木正三の念仏観
慧遠の浄土教思想
仏教と民族
復古神道における浄土教的来世観の形成
真宗浄興寺派の成立
足尾銅山鉱毒事件と仏教−浄土教系教団を中心として−
近代思想と浄土教−大正哲学との関連における考察−
新興宗教と浄土教
日本古代仏教の浄土教的受容
奈良時代に於ける弥陀信仰
奈良時代に於ける浄土思想
神仏習合の起点−道行知識経について−
飛鳥・奈良時代の寺領経営について
第十八願講説
仏教大意
無量寿経の精神
信仰のすゝめ
偏依法然と偏依善導
宗要法語「小消息」を拝読して
伝法沿革依憑詮考
梵網菩薩戒経和解
仏道教経和解
般若心経略讃
大原談義私言
敦煌出讃阿弥陀仏偈并に略論安楽浄土義に就て
文殊楼決
空也浄土教について-千観との共通性を通じて-
阿弥陀の聖について−民間浄土教への一視点−
上代に於ける戒浄双修思想の展開
古代説話文学における浄土教思想
阿弥陀堂の変遷-その存立形態・規模規模・宗教的機能-
中国浄土教の日本的受容−中世−
日本浄土教の中世的変容
法然とその教団について
浄土教教団論
親鸞とその教団
本尊としての六字尊号
一身田専修寺の成立について
蓮如における政治と宗教
智真と西山義
時宗三祖智得とその教団
禅僧の浄土教観
中世日蓮宗と浄土教
紀州相賀荘について
武士と時衆-戦国武士と浄土教-
来迎絵画について
江戸時代に於ける浄土宗団の革新的動向
蓮門精舎旧詞の史料批判補説-増上寺所蔵元禄結集無題自筆原本による-
真宗教団の近世的構造
近世真宗の教団組織
近世庶民文芸における浄土教
聖教開版の上より見たる浄土教聖教−特に真宗聖教の民衆化に就いて−
「勢観上人の音信」と「源智の書状」について
二祖三代定判説の形成について
聖浄兼学の精神−聖光の学問的性格をめぐって−
聖光上人の学問的性格
聖光上人における「不離仏値遇仏」の思想−宗教的実存の視点から−
鎮西上人と善導教学−念仏名義集をめぐって−
善導の一経両宗説に関する良忠の領解
良忠上人における臨終行儀の相承
良忠撰『三心私記』について
良忠撰・忍澂募刻『選択伝弘決疑鈔』の研究 下
『観経疏伝通記』にみられる善導伝
『看病用心鈔』の一考察
良忠上人の至誠心釈−とくに『選択集』第八章私釈段の解釈について−
戦える新興仏教青年同盟
法隆寺伽藍に見る聖徳太子の信仰
ゲーテの「ファウスト」と現代の世界
身延における日蓮の心境
史的唯物論の限界と仏教
法然の浄土教と現代の精神的危機
現代思想と仏教の立場
若き革命家における理想主義-マルクス・レーニン・毛沢東-
山の念仏−その起源と性格−
時期相応の論理-最澄と法然・親鸞をつなぐもの-

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る