極楽から来た人・法然−佐藤春夫−
釈尊はただ法然上人なり−友松円諦−
比較宗教哲学と法然浄土教−佐藤賢順−
キリスト者の法然論−内村鑑三・植村正久ほか−
現代の法然論−法然浄土教の現代的意義−
法然浄土教の実践体系とその内実
法然浄土教における念仏信仰の内実−特に法然自詠の和歌を中心として
「浄土宗大意」にみられる師弟二師の法語−法然真撰・非撰をめぐって−
法華三昧の懺悔−その伝承と変容−
善導大師と懐感禅師について
善導教学と宋代浄土教
わが国浄土教の弘布と善導教学の受容
師資相承と浄土開宗に関する一考察
法然の善導浄土教受容に対する批判について
行具の三心について
「五番相対」私考
善導『観経疏』流伝考
『六時礼讃』に携わった人たち
導・空二祖求道の類似点
善導大師と鎮西上人
善導大師の思想の親鸞聖人への影響
浄土宗伝法における善導大師
浄土律における善導大師の持戒念仏観
浄土教象徴体系試論
般若経に於ける道の思想
「一枚起請文」の語法二・三について
醍醐本『法然上人伝記』の筆者について
一言芳談のなかの源空と禅勝房
教団としての浄土宗の展望
中国浄土教祖師の浄土観
源信の浄土思想
法然の教義とその対機説法
NEPPAKARANA NAYASAMUTTHANAの章の和訳
善導と法然
道綽禅師の浄土教への帰入
善導義補助の七師と法然
中国文学史よりみた善導大師
易行品の三乗行仏
法然上人における一念と多念
門下の見た法然像について
平重衡の述懐と法然の説法
普寂の浄土教思想
法然から親鸞へ、親鸞から法然へ
音楽(声)神秘主義に関する一考察
浄土教と創造性
小沢教授略年譜
善導大師教学の諸問題
善導大師の三昧発得の時期について
善導大師の仏身観
善導大師の人間観
発菩提心と廻向発願心
善導大師編著なる『往生礼讃』所説の五念門攷
敦煌出土善導『往生礼讃』古写本について
『往生礼讃』覚書
無常偈の現代的意義
善導著『臨終正念要決』について
法然浄土教と実存的思考
宗教改革者としての法然上人
鎌倉時代に於ける信者より観たる浄土宗伝播概況
善導教学の由漸に就いて
記主門下に於ける三心の価値に就いて
麗気記拾遺鈔解題
浄土列祖より見たる浄影
敦煌観経変相略記
バクティシャタカ(和訳)
浄土教における罪意識の一側面
回向論の展開
曇鸞・道綽両祖の布教伝道の態度について
『選択集』をめぐる二、三の問題
法然上人の御臨終について
法然と親鸞における護国思想について
永観の念仏宗について
拾遺古徳伝絵詞残欠一巻本の比較と考証
室町時代における宮中の浄土教
鎌倉大仏攷
重衡戒文に就いて
自力と他力(至誠心と内外相応)
信と行−求道者・倉田百三をめぐって−
仏教儀礼の構造比較
菩薩戒について
嘉祥大師における仏典解釈法の特質
長明の草庵
神仙思想の緯書的展開
宗楽
キリスト教と仏教
古代から中世への社会情況
法然の夢と明恵の夢の相違
法然の夢と他力主義の革命
明恵の夢と自力主義の復活
顕密体制論と正統異端の問題
成仏ノート
松庵教授論文集
善導大師の遺文
十念の研究
宗乗の建設
念仏三昧に就いて
小乗律として取扱はれたる大乗戒経
観経并に往生論の伝訳と其影響
宗の意義
選択要決は朝日山信寂房の撰歟

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る