親鸞における自然法爾の思想
キルケゴールにおける宗教的実存の展開-「三願転入」および「他力信仰」との関連において-
ハイデッガーにおける“ゲラッセンハイト”の思想-自然法爾の思想との関連において-
ハイデッガーの存在思想と浄土教思想
ヤスパースの“エルンスト”と至誠心
法然上人阿弥陀仏観の一瞥
念仏の功徳について−法然上人を中心に−
浄土布教法の根底としての法然上人の信仰について
導・空二祖求道の類似点
法然上人開宗以後の生活−「勅修御伝」を中心に授戒について−
阿弥陀仏の光明について
声の念仏
「授手印」の宗義行相に関する諸派の異説
諸行生不論
仏身論上より見た阿弥陀仏観
蓮社念仏研究序説
廬山慧遠の念仏思想
自然と人生
善導浄土教と天台智??
経典とその解釈−大無量寿経と親鸞のばあい−
真宗に於ける「不可思議」の意義
曇鸞教学の浄土教的理論構造
初期真宗と一向衆
教行信証、証巻の課題
聖道権実論の再吟味
親鸞聖人の仏教観
日本唯識学徒の念仏観
「我一心」の教理史的研究−曇鸞教学の展開−
親鸞における信の構造
唯信鈔文意の一考察
珍海の浄土教的立場
生因思想の展開
山崎弁栄の宗教体験
真理大道の実現としての共生浄土教
浄土教的宗教体験における即の論理と階梯の論理
浄土教的宗教体験の特質について
浄土教的宗教体験と世界観
浄土教の普遍的宗教体験
中国浄土教者の宗教体験
日本初期浄土教者の宗教体験
法然上人の宗教体験
法然上人における仏凡の関係
親鸞・一遍の宗教体験
般舟三昧の研究資料と其の意義に就いて
如来蔵としての法蔵菩薩
仏教社会学の方法論的基礎に関する試論
バクティシャタカに於ける信と悪とについて
中国仏教における鬼神の展開
平安鎌倉時代に及ぼせる緯書思想の影響について
大原性実先生略年譜・著作目録
龍樹の浄土教思想
法然仏教の波紋と鎌倉諸聖の態度
掟の論理
真宗と諸法皆空
真宗信仰の心理学的管見
中峯明本の浄土教
浄土教に於ける他力思想の必然性及びその展開の意義
現実救済の理解
菩提山と蓮光法師
慈鎮和尚と浄土教
無量寿経の成立過程に関して
無著に於ける仏身と浄土
阿弥陀仏の浸透性
親鸞の浄土教における証と現実
蓮如上人と還相廻向
原始仏教と浄土教思想
仏教文学の意味するところ
源空上人私日記について
室町貴族の念仏信仰と念仏芸能
『楽邦文類』の序について−著者宗暁とその周辺−
法然伝小考
本願寺の伝統と世代について
浄土教美術について
松誉厳的の疑経観−付、仏説阿弥陀三昧海経其他−
美作誕生寺についての若干の考察
日本の阿弥陀仏像の諸印相
洛陽蓮門精舎考
平家物語と当時の仏教
中世大和の伽藍復興に関する一考察
魏略天竺臨児伝遺文集録考証
ジャイナ教の仏教批判
『勝鬘経』における煩悩説の成立
六朝隋唐のヒ史・小説の整理に関する覚書
信仰生活の論理
宗秘日鈔
二種の菩提心について−寂天教学の立場から−
隋唐時代における『法華経』の研究講説
戒体と戒の体
世俗化について
近郊都市の宗教生活
仏教史伝の宗教的意義について
念仏儀礼の成立とその意味
在家信者はニルヴァーナに達し得るか?
浄土宗における円戒思想について
蓮華化生について
荘厳と方便−浄土教思想の一断面−
浄土教的思考の源流序説
浄土教における戒律観
南都浄土教と善導教学
刺繍の法然上人絵伝

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る