山科連署記
蓮如上人諸伝略讃
蓮如伝の性格
天正三年記
拾塵記
蓮如上人拾塵記
蓮如上人遺徳記
蓮如上人御旧跡絵抄
蓮如上人御隠棲実記
中興開山蓮如上人御伝記
蓮如上人御一生記
蓮如上人隠棲絵伝記
蓮如上人西端伝記
子宝の説
如来の説
自行化他の学問
康楽寺白鳥伝
親鸞聖人行状記
白鳥伝鎌倉記
ひらかな親鸞聖人御一代記
親鸞聖人御一代記図絵
近世における神話的親鸞伝の展開
しんらんき−寛永古活字版−
浄土さんたん記並おはら問答
よこぞねの平太郎
ほうねんき
善だう記
一心二かびやく道
恵真僧都因果経沙汰附地獄讃談
土佐節ゑしんの道行
十界二河白道とうしやくぜんし
どんらんき−出羽掾本−
どんらんき−角太夫本−
天じんぼさつ
他力本願記
永正3年一向一揆の政治的性格
一向一揆
一向一揆論
宗教一揆論
一向一揆の展開と加賀国大野庄
加賀一向一揆の展開過程
戦国期の山科郷民と山科本願寺・朝廷
畿内寺内町と一向一揆 戦国末期の摂河両国を中心として-
元亀の起請文について
「教行信証」と三宝
外道と聖道への批判
法然と親鸞の出合い
法然と親鸞の宗教改革
「教行信証」の事業
親鸞の信仰批判
法蔵菩薩の精神
僧伽の意義
僧伽ということ
御伝鈔−真宗寺本−
御伝鈔聞書
御伝抄私記
御伝照蒙記
御伝鈔演義(抄)
於伽草紙六賊退治
迷悟の説
御文御書について
本願寺蓮如・実如名号比較試論
蓮如下付の親鸞・蓮如二尊連座像
浄土真宗寺院本堂の成立過程
御文開版考
原始一向宗の実像
中世鉱業と太子信仰-初期本願寺門徒の社会経済的性格に関する試論-
中世社会における親鸞門流の存在形態-中太郎真仏を祖とする集団を中心として-
戦国期真宗寺院の一動向-聞名寺と時衆-
河野門徒の基礎的研究
蓮如の河内国進出-慈願寺の法円を中心に-
石山本願寺寺内町に関する一考察
摂津石山本願寺寺内町の構成
大阪石山寺内町の空間構造
大名領国と本願寺教団-とくに畿内を中心に-
本願寺蓮如の名号本尊と戦国社会-十字名号と素材として-
戦国期の本願寺教団と天皇
戦国期の本願寺と天満宮-真宗の天神信仰観
本願寺教団文書の推移について-「御印書」と法名状を通して-
加賀の一向一揆と蓮如の王法為本
一向一揆の政治理念-「仏法領」について-
蓮如と文明六、七一向一揆
異形の白昼
蓮如教学における「たすけたまへとたのむ」の思想背景−一条流「三部↓
蓮如の信仰−「後生たすけたまへとたのむ」考
松山氏の「蓮如の信仰」批判
蓮如上人と安心決定鈔
安心決定鈔と蓮如教学
蓮如上人の用語上の問題−タスケタマヘを中心として
蓮如上人「御文」の文章−文章史の観点から
蓮如教学の現代的意義
蓮如−15世紀の思想と行動
蓮如とカルヴァン−経済倫理をめぐる真宗とプロテスタンティズムと↓
中世本願寺の寺院組織と身分制
「相伝義書」その相承教学の歴史
関西法律学校と天満興正寺
戦国時代の本願寺寺内衆下間氏
戦国期本願寺坊主衆組織の一形態-「定衆」「常住衆」の位置
顕密仏教イデオロギーと蓮如のことば-「蓮如上人一語記」の言説より-
戦国期本願寺「頭」考-勤仕の性格と問題情況-

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る