親鸞の太子鑽仰と太子絵伝
伝親鸞作聖徳太子講式について−初期真宗における太子尊崇の一意義
願得寺実悟の生涯と業績
反古裏書
石山本願寺
顕如上人と紀伊の真宗
准如上人と学問
教興院良如宗主事蹟
寂如上人と和讃講
智空の能化就職事情管見
真宗先哲雑話
本願寺派勤皇僧事績
宗主としての鏡如上人
明治時代に於ける龍谷学庠−大教校−大学林−仏教大学
学林生活挿話−龍谷大学三百年史余話
真宗書誌学とその研究
親鸞聖人書誌
親鸞聖人御消息集について
三帖和讃
浄土論註
親鸞の和讃−三帖和讃
三帖和讃の成立に関する諸問題
三帖和讃の編成と聖徳太子
一百十四首太子和讃の写伝本と原形
『正像三和讃』の成立過程
正像三和讃私記
浄土三部経の延書
「文讃」について
侠者放言
初期真宗の門徒制条一班
初期本願寺教団における北陸教線の発展
親鸞絵伝の成立と荒木門徒
仏光寺教団の発展に関する一考察
初期真宗における門徒名帳の一例
初期真宗における時衆の投影
初期真宗と一向衆
初期真宗と時衆
名号本尊
本尊としての十字尊号
本尊としての六字尊号
尊号から尊像へ−方便法身尊像の成立過程
初期真宗における尊号と真像
本願寺所蔵善導源空親鸞三祖像について
初期真宗の聖徳太子像について
初期真宗の連坐像について−滝上寺蔵「八高僧像」を縁として
光明本尊の構成
方便法身尊形について−とくに不彫尊像のこと
蓮如上人の生涯
蓮如上人の化風とその背景
紀伊真宗の源流
蓮如の吉野の旅−吉野の初期教団
皆成院実考書
父大船を思う
中世寺院の接待所について−紀伊歓喜寺(薬徳寺)を中心として
中世禅侶と社会事業
鎌倉時代南都の戒律復興
鎌倉時代仏教徒の護国運動−主として西大寺叡尊について
中世仏教と庶民生活
文殊信仰と利生事業
鎌倉武士と仏教
俊?オとその時代
泉涌寺の建立と宇都宮信房
木食応其の社会事業
本願寺の歴史
祖廟大谷−覚信尼と大谷の沿革
覚信尼公と大谷本廟
覚信尼と大谷廟堂
大谷影堂寺院化の一考察
覚如と法智−本願寺成立史の一齣
覚如の十二箇条懇望状について
従覚のこと−六百回忌法要を機縁として
本願寺の本尊安置と両堂の整備
蓮照応玄について
存如時代の本願寺
真宗教団分裂の過程
真宗における道場と寺院
隣の糂汰がめ
親鸞聖人等身御影の起源について
『親鸞伝絵』の撰述について
親鸞の伝記について
御伝鈔(親鸞伝絵)の撰述と意義
親鸞伝絵の竪幅絵伝
善信聖人絵本願寺親鸞聖人伝絵
本願寺聖人親鸞伝絵
恵信尼画像
納骨所としての高野山
宿坊としての寺院−特に高野山における
金沢文庫学風の一考察
金沢文庫新出の往生伝
中世関東浄土教史の一齣−金沢称名寺の浄土教
入宋沙弥円種−金沢文庫新出の資料による研究
金沢文庫所蔵「播州法語集」について-「一遍上人語録」「播州問答集」の成立に関する一考察
源信和尚の別伝について
源信和尚年譜
二十五三昧式並びに同起請について
横川仏教の一齣
聖覚と源空・親鸞
真宗教団の成立と庶民階級の講
真仏報恩塔の造立とその背景−初期真宗の片影
東関の聖跡と巡拝

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る