相承の本願観
その人
魂の軌跡
心の底に
真宗生活講座
一人いて
唯真故新
聖徳太子
詩と信仰
生命の詩・生活の詩
ここに真人あり
宗教の健康性
堅い瓔珞
真実教の意義
南無阿弥陀仏の誕生地
智慧の念仏
義なきを義とす
在家仏教
ああ勿体なし
現代の病理とその処方
身と心
寂かにわれをささえるもの
このいのち賜りて
人間喪失と回復
人間に救いはあるか
知られざる仏
実存原型としての法蔵菩薩
照らさるる人 照らす人
本願成就と人間成就
生活者の仏法
諸仏と阿弥陀仏
唱題と称名
往生要集の念仏思想
約機約法廃立について
回向論の一考察
「四十八願釈」の一考察
乗・一乗・一乗海釈について
親鸞聖人の人間観
所帰所信について
名体不二の一考察
真宗における仏性論の一考察
信における倫理性
本典の基本問題
ある男
本典研鑽集記の思い出
宗学院研究紀要 昭和29〜38年度
往生正覚不二の問題
真宗宿善論の立場
第十八願体論
他力信の性格
他力廻向成立の原理とその過程
方便の行信
本典に於ける信一念釈の意義
浄土真宗に於ける信仰の宗教的真実性
成立経典における末法思想序
論註の正定聚に関して
体験とその表現
元祖及び門下の三心一心論に於ける廻向発願心の取扱い
行信考
広略二典の行信論
現代異安心の実態とその動向
『蓮華蔵世界』考
自己に遇う道
鼻祖南天の他力教義の考察
『往生要集』に偲ぶ本具両疏の俤 承前
曇鸞大師の教化攷
往生論註解説
浄土論註と外典との交渉
八番問答釈の動向に就いて
広略相入をめぐる一考察
曇鸞大師の人間観
雁門教学に於ける他力廻向の考察

論註正定聚考
曇鸞の五念門釈に就いて
『論註』の七祖教学中に占むる地位に就いて
親鸞聖人の烱眼に留まれる曇鸞大師的自然法爾の論理
讃阿弥陀仏偈研究に於ける方法的反省
『略論安楽浄土義』研究崖略
「七祖教学の歴史性」と「弥陀法」に就いての一考察
覚明房長西の浄土教
宗祖考
真宗教学に於ける西方浄土の意義の討究
浄土教に於ける神仏交渉発達論
親鸞聖人の自然法爾観
本典研鑽集記 上下
古写古版 真宗聖教現存目録
『無常』と云うことについて
仏説阿弥陀経展持鈔
善導教義に於ける生因論に就いて
九品唯凡説について
安楽集と終南釈義
『往生要集』に偲ぶ本具両疏の俤
善導撰述研究文献総目録
善導の著書と引文考
宗教生活に就いての一問題
浄土真宗の諸行の扱ひ
無量寿経研究 承前
五種増上縁義について
大経五悪段の教義的研究

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る