般若経に現はるる二諦説
根本分脈の事情と阿育王年代に就いて
『十住毘婆沙論』の浄土教とその伝承に就いて
龍樹菩薩の弥陀仏身思想の研究
真宗に於ける禍福と祈祷の問題
豊前学派の称名論
『播州法語集』に就いて
乗専法師と仮名聖教の写伝
古道正運の信奉者
『十住毘婆沙論』の浄土教とその伝承に就いて(承前)
石泉師の行信思想源流考
真宗聖教調査報告
弥陀の主格に関する抗争に就いての研究
真宗に於ける化土往生義の必然性及其の展開
『諸縁深知集』に就いて
『諸縁深知集』
真宗現益論
仏光寺教団の発展に関する一考察
真宗先哲の三教論
真宗に於ける信一念の考察
第十八願要論
本願三信論
文殊師利法王子に就いて
十念釈義に於ける伝統と已證
真宗先哲の三教論 2
往還廻向
浄満院の滅罪論上に於ける仏凡一体の地位とその批判
空華轍の一如観に就いて
浄土三経聖典論
蓮如上人の化風とその背景
浄土三経及び本典と涅槃経との関係
信微上人御釈に就いて
略字考
真宗宿善論
真宗に於ける宗教生活の原理
三家(鎮西・西山・真宗)三心釈論
浄土三経聖典論 2
浄土三経及び本典と涅槃経その関係 2
願海並びに七祖の上に於ける行信
『法事讃』の抄出本に就いて
口伝鈔の成立に関する研究
二雙四重判の教判的意義
『本典』所引に於ける今家の『華厳経』観
本願成就文一テイ録
原始宗学に於ける聖浄論の開展
乃至十念論 中
最近異解異安心問題の検討 1
最近異解異安心問題の検討 2
二種深信
論註の展開価値 4
乃至十念論 下
非意業の研究
ケイ興師所覧の大経と親鸞聖人
第十八願観三態
今家に於ける無量寿経解釈の系統と発展
阿含に於ける二諦関係の資料
初期本願寺教団に於ける北陸教線の発展
最近異解異安心問題の討究 3
真宗書史学
真宗と相承
諸仏証誠義の討究
法霖智暹の宗学を論じ明和法論に及ぶ
選択集と三経釈とに於ける所顕
阿毘達磨論書に現はるる二諦説
造罪対念仏論の一斑
真宗本尊論
第十八願要論
本願三信論
阿毘達磨論書に現はるる二諦説 2
文化と本願
法楽餘技
是山和上の学風を偲びて
是山和上の五念門義
三願真仮
助正論
行信論
教判論
隠顕論
是山和上の仏身論
『古事記』に冬篭る記
是山和上の宗体論
是山和上を憶ふ
是山和上に就いて
是山和上の思ひ出
故是山和上を憶ふ
是山和上を偲ぶ
是山勧学を憶ふ
和上と勤式練習場
是山和上伝
浄土門念仏本質の討究 4
真宗の意義
論註の展開価値
念仏の教義的展開序説
乃至十念論
諸宗念仏義の概観
聖道諸師に於ける無量寿経の解釈的思想傾向とその批判
浄土門念仏本質の討究 5
教判論
二河譬の真仮論
日鎮の三願観と真宗に対する論難に就いて

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る