欲生心の象徴化
大無量寿経の宗義
暴風駛雨
正信と迷信
絶対の吾と相対の吾
正覚成就の盛儀
金子大栄『真宗の教義及其歴史』按語
夏を迎へて
告白
『精神界』余響
親鸞聖人の人格と信仰
誕生まで
立教開宗の本旨
『見真』拾玉
自己を弁護せざる人
山水の画を観て
凡人の右胸より誕生したる如来の宗教
他力教の二大本尊
天親の『浄土論』に闇合せる二河白道
空中の仏、地上の仏、心中の仏
浄玻リ鏡上の釈尊としての『観経』下々品
厳粛なる二重生活
大暗黒の仏心を観よ
煩悩仏の建設者
過去の教界に対する親鸞聖人の態度
教行両座
他力は胸より湧く
我等が久遠の宗教
久遠の仏心の開顕者としての現在の法蔵比丘
三願より発足して十重の一体に到着す
常に信の初一念に立つべし
地上の教主
現実界の浄土
真我の救主と信念の守護者

信仰の後景と前景
出山の釈尊を念じて
裸形外道
これまで
光胎を出でゝ
原始の如来
親鸞聖人の影
釈尊と念仏
行信論
『二河喩』と『観経』
二重の『二河喩』
願生の人、天親菩薩
田舎寺の研究生活
念仏は原始人の叫び也
七祖教系論
『安心決定鈔』を論ず
信仰の確立は至難也又至易也
蓮如上人の真諦
弥陀及び名号の観念
余が信仰
修道上の重平常主義と重臨終主義とを論じて親鸞聖人の立脚地を明にす
精神主義
論理以外の論理
海老名弾正氏の基督論
宗教としての華厳天台の二宗
偽善の妙趣
宗教的人格論
御消息集(善性本)
三法印と唯識宗
唯識宗の末那識観
仏教唯心論の基礎としての阿頼耶識の証明
解深密教論
摂大乗論
南無阿弥陀仏は我等が久遠の名也
日蓮論
我等東方に退却せし也
宗教統一の枢機
『観無量寿経』の対告衆、韋提希論
印度支那日本仏教の特色を論じて親鸞聖人の地位を明にす
文字上より信の意義を論ず
信疑論−無始の疑惑と無終の疑惑−
我に影向したまえる先師
釈尊を超越せる仏教
朝題目、夕念仏
自信論
宗教の雙眼なる信及び教
『観無量寿経』の三心を論ず
横川法語
一枚起請
二枚起請
西方指南抄
漢語灯録
和語灯録
拾遺語灯録
三部経大意
仏説無量寿経
仏説観無量寿経
仏説阿弥陀経
教行信証
浄土文類聚鈔
愚禿鈔
入出二門偈頌
三帖和讃
親鸞聖人血脈文集
御消息拾遺

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る