鑑真和尚伝記補遺
慧澄和尚略伝
譜脈私案
雪窓答問
いり日の光
をみなへし
三世因果
宗旨の事
迷悟
心如工畫師種々五蘊
依他起性の説
諸宗各有一切経の弁
兼学の弁
小乗弁
『一遍聖絵』第四巻第一段の「狂惑」についての再検討−保存修理による図様変更の発見をてがかりに−
浄土仏教の「神祇」論 序説−法然・親鸞を承けて−
親鸞と蓮如に見る二人の仏弟子−その語りかけの視点より−
「今昔物語集」における因果・業
常住金剛私記
大巌寺二世安誉虎角雲湖−徳川家康関東入国後最初に交流した浄土宗僧侶−
浄土真宗倫理攷
近代日本における往生観の諸相−親鸞の往生・浄土・成仏観をめぐって−
隆寛律師小伝
減罪劫數義 一巻
具三心義 二巻
極楽浄土宗義 三巻
十一門不同
三福差別義意
上品上生、第一門より第四門(至誠心釈)に至る
上品上生、第四門(深心釈)
上品上生、第四門(廻向発願心釈)
上品上生、第五門より第十一門に至る
上品中生
上品下生
中品上生、中品中生、中品下生
育児院過去帳序
釈教正謬再破批
縁山貫首辞職文
観光社開筵祝辞
同徳論
客間に答ふ
育児院祈願式祝文
英人ロイド氏の問に答ふ
堤邦義氏の問に答ふ
日輪寺庫裡再建祝辞
四十八巻伝と文学の世界と-法然上人と蓮生・平重衡との出会い-
「法然上人行状絵図」に見る宗義顕彰
慈慧大師良源の浄土教−「極楽浄土九品往生義」を中心として−
十二光仏について
芝居 見る・作る
道綽の浄土念仏
「二河譬」に憶ふ
元暁の「無量寿経宗要」における信−如来蔵思想と日本浄土教との関係を中心にして−
珍海「決定往生集」の一考察
浄土教の原理考察
法然と親鸞−「歎異抄」をめぐって−
法然と「観経疏」・私考−その出会いの必然性を求めて−
醍醐本『法然上人伝記』「三心料簡事」偽撰説の問題点
証空浄土教の現代的受容
証空における弘願の理解
証空における釈尊とその教説
隆寛と親鸞の「三願転入」について
十劫久遠論−親鸞聖人の仏陀観の一面−
親鸞思想にみる十念と一念
真宗仏道の根拠と積極性−願心の回向成就−
我一心の自証と展開
親鸞の存在論的人間観と社会的人間観−「具縛の凡夫・屠沽みら下類のわれら」を中心として−
三経隠顕および真門釈述作の意図について
親鸞浄土教批判論の諸相−「他力回向論」批判を中心に−
親鸞の仏教観
龍樹−中観思想と菩薩道−
世親−唯識思想と浄土論−
チベットの浄土教−民衆の信仰−
不動頂蓮義
慧遠−念仏門の鼻祖−
曇鸞−浄土教を開花せしめた人と思想−
道綽−その歴史像と浄土思想−
道綽−その歴史像と浄土思想−
永観−念仏宗の人−
珍海−画僧と学僧−
覚鑁−真言密教と浄土教−
仏説無量寿経 巻上下−仮名付き/書き下し文−
仏説観無量寿経−仮名付き/書き下し文−
仏説阿弥陀経−仮名付き/書き下し文−
無量寿経優婆提舎願生偈(往生論)仮名付き/書き下し文−
観無量寿経疏 及 下文
選択本願念仏集 及 下文
徹選択本願念仏集 及 下文
黒谷上人語灯録 巻11〜15
拾遺黒谷語録 巻中,下
「黒谷上人語灯録」研究の動向
三巻七書
往生記(三巻七書)
末代念仏授手印(三巻七書)
領解末代念仏授手印(三巻七書)
往生記投機抄(三巻七書)
授手印伝心抄(三巻七書)
領解授手印徹心抄(三巻七書)
決答授手印疑問抄 上下(三巻七書)
浄土教典成立の背景

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る