北魏の素経、無量寿経
観無量寿経の世界
観経の旃陀羅について
易住無人
曇鸞と華厳思想
二種法身についての一試論
仮名有について−曇鸞から親鸞へ−
道綽・善導の念仏思想
敦煌出土法照関係資料について
善導浄土教における五正行説組成の意図と法然の受容
悪人正機説の成立についてII
法然門下における宗祖教学の特色
法然門下における教判の問題 1
『選択本願念仏集』と西山上人証空
西山の五重相伝と晃空仙旭上人
一遍の「孤独独一」をめぐって
大日比三師の往生論と往生伝
山崎弁栄の浄土教思想
『大無量寿経』と真宗
三帖和讃の編成と聖徳太子讃仰
三経義疏と親鸞
親鸞と道元
教行信証の表現法
親鸞の「即得往生」における「過去・未来」
親鸞聖人における往生と成仏
大乗正定聚思想の一考察
還相廻向論
真宗における真実義
西田哲学と浄土教について
「異安心」について
神学と真宗学
語学と義学の一駒
機法一体の展開
近世における地獄の観念
近代真宗の神祇問題
真宗教団における改派問題と幕藩権力
真宗における真俗二諦の主体論的考察
了蓮寺文雄の思想
野々村直太郎の宗教学説
梵文無量寿経の本願文
AMITA-BUDDHA'S SIGNIFICANCE IN PRIMARY MAHAYANA BUDDHISM
A GLOSSARY OF THE PROPER NAMES WHICH APPEAR IN THE CHAPTER ON EASY PRACTICE OF THE JUJUBIBASHARON
THE MEANING OF EIGHTEENTH VOW: A HISTORY OF RELIGIONS APPROACH
THE SINGL AND THE REPEATED NEMBUTSU EXTREMES
A VIEW OF RENNYO'S EARLY AND MIDDLE YEARS
石田充之博士略歴・論文著述目録
『リグ・ヴェーダ』にさかのぼる浄土教の諸要素
決答疑問銘心抄 上下(三巻七書)
越後・関東時代について
帰洛後の文筆生活
晩年の生活
家族の問題
曇鸞教学の概観
往生論註に於ける本願の釈意
示形垂名
浄土論註に於ける行について
曇鸞教学の背景とその基本的理念
曇鸞教学と宗祖教学との交渉
曇鸞大師における人間
曇鸞教学における信の考察
略論安楽浄土義における教義の一考察
往生論註における般若と方便
曇鸞大師の伝歴に関する二三の問題
智光の『論釈』と『論註』
親鸞聖人と地獄−浄土観の拾遺−
曇鸞大師撰述の解題
曇鸞大師関係著書・雑誌論文目録
浄土成仏と穢土成仏をめぐって
大行論の一考察
教行信証の行信論
大行と大信
「行巻」の称名思想
信心をうるにはどうすべきか
親鸞における聞の構造
浄土の世界
生死即涅槃−人間と浄土真宗−
浄土教の成立の問題
法親王の御精進ぶり
楊と水−衆生の祈りと慈悲の菩薩−
朝鮮半島からの仏教の伝来
鶏羅山泥縛私記
日本の民間信仰と仏教
妙法院尭恕法親王日記の魅力
尭恕法親王と近世画家
真仁法親王と京都の文化人
西インドの観音菩薩像
美術に見る釈尊の生涯
敦煌における仏伝・本生図
日本古代の宗教と美術
室町時代の仏像
親鸞聖人の教えを受け入れた人々
親鸞教団の構成
親鸞聖人伝史料
親鸞聖人伝の回顧と展望
信巻の中心問題
信の一念
廻向論
行文類の法
叡山浄土教の展開と親鸞聖人
親鸞教学における證果論の伝統と己證

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る