天台業と十住心判
伝教大師所伝の密教
最澄の一乗真実宣揚の意義
比叡山相輪トウについて
末法灯明記に関する考察
伝教大師と維摩経−法相維摩の日本的超克−
顕戒論のこころ
一乗忠撰『叡山大師伝』に見える村邑小学について
授菩薩戒儀と律蔵の比較
伝教大師生年考新議
伝教大師と般若心経
伝教大師の教育思想
伝教大師と現代
仏教者としての伝教大師
中国日本における僧制の発展
初期日本天台教団における智証大師
伝教大師を中心とした仏性論争について
天台法華宗伝法偈について
末法灯明記をめぐる諸問題
日本のダム
伝教大師の密教について
叡山の教育
伝教大師入滅後の天台宗教団
聖徳太子と伝教大師
円頓戒と禅戒
天台系高僧像について
伝教大師の入唐について
『根吼抄』その位置と本文
最澄と酒呑童子の物語
法華論と法華論科文について
禅浄双修と日本天台
釈最澄をめぐる文学交流
伝教大師の一乗戒源流考
伝教大師と台密
伝教大師と大日本の国号
伝教大師の仏典収集とその保存
伝教大師と法然上人の仏教革新
真盛上人と法然上人と伝教大師
宗祖撰「長講法華願文」流伝史の年表と私論
伝教大師の密教の相承に関連して
伝教大師「願文」について
伝教大師の入唐伝戒について
遮那業に関する一問題
伝教大師の遺言状
安楽集講録
天台大師御影供
四箇法要
天平写経「妙法蓮華経」八巻本の校異
施餓鬼会
「魚山余響」に残された御懺法講記録
錫杖と金杖
順次往生講式の一理念
真盛上人と円頓戒系譜
真盛上人の越前下向について
真際上人小攷
西教寺の万日法会について
黒谷流による叡山戒法復興の思想−興円の『一向大乗寺興隆編目集』を中心として−
黒谷流による叡山戒法復興の思想−興円の『一向大乗寺興隆編目集』を中心として−
恵心僧都源信と念仏三昧
龍樹造『十住毘婆沙論』易行品の称名説−称名念仏の源流について−
日蓮の見た伝教と恵心
最澄の法華経体験
最澄の叡山遁身について
『叡山大師伝』の成立について
密教声明「授地偈」と親鸞聖人画賛との関係
錫杖の一考察
五台山寺院音楽の一考察
「寺院音楽」−中国音楽家協会編−の一考察
兼好法師の音律論考
安然大徳の音律論考−ライタ和漢枳曲の復元−
声明楽理の変遷−五音呼様古今相違事−
魚山における羽の論諍
声明実相の音位
六十律考
天台声明と楽理
良人上人と魚山声明
天台声明の伝承
「両院僧坊歴代記」の一考察
魚山声明と真宗声明
真宗高田派声明と魚山声明
魚山声明史−梶井宮定文を中心として
弾偽褒真鈔−魚山声明の正当性を論ず−
魚山の名称と陳思王曹植
禁中御懺法講−妙法院堯恕法親王の記録−
禁中法要を伝承する大原三千院御懺法講−朝懺法・夕例時−
舞楽法要庭儀曼荼羅供
胎蔵界金剛界合行曼荼羅供
「大乗宝雲経」「宝積品」は「大宝積経」「普明菩薩会」を挿入したものか
「随意観法集」について
天台智??と大乗「涅槃経」−公開講座−
本理大綱集
天台法華宗牛頭法門要纂
修善寺決
本覚讃
註本覚讃
本覚讃釈
真如観
三十四箇事書
漢光類聚
相伝法門見聞

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る