天台本覚思想概説
鎮護国家思想の変遷と伝教大師
宗祖の鎮護国家観
魚山声明集古写本「二巻抄」
優婆離唄の一考察
極楽声歌「倍臚」の復元
合殺考
甲念仏の一考察−天台声明における甲乙について−
引声阿弥陀経作法
「魚山六巻帖」の一考察
平安中期における声明実唱の一考察
講式諷誦形式−慈恵大師咲式の墨譜−
魚山秘曲長音九条錫杖の旋律考
伽陀旋律考
『経律異相』の研究−梁代の仏教文化−坂本廣博氏学位請求論文審査報告書
学院の現状報告
伝教大師の書
草木成仏説の背景としての和歌
「書写山縁起」の天台
支謙訳「維摩経」試訳 1,2
敦煌宝蔵における法照関係資料
政海記「自解仏乗鈔」について
論義における仏土義についての一考察
法蔵の「不変」と「随縁」
智??における空の概念−虚空の検討を中心に−
高麗白蓮結社の諸書籍に関する一考察−「釈迦如来行跡頌」との関連性を中心に−
「源氏供養」の天台
伝教大師と光定の聖徳太子観
定珍撰「鸚鵡鈔」秘密潅頂口伝をめぐって
「摩訶止観第五尊海伝授三十六箇決」について
比叡山黒谷の恵尋「円頓戒聞書」にみる思想的特質
仏陀跋陀羅伝考
高麗白蓮結社の真静国師天ソ著「法華随品讃」の二首について
「今鏡」の天台
「文殊般若」が四種三昧の引証に使われる理由
章安涅槃疏読記 1−河西道朗について−
政海記「発明鈔」について
江戸初期における天台の念仏僧・真迢にみる密教観の特色−日蓮宗学僧との論争のなかでの台密観−
天台教学における釈尊伝の受容と展開について−「仏祖統紀」を中心に−
「東陽三十六箇決」について
讃阿弥陀仏偈録
『注維摩経』に見る羅什の法身観 1〜3
高麗白蓮結社の「法華文句并記節要」についての一考察
新出資料書写山円教寺蔵『御廟講和讃』について
慈鎮和尚慈円の真俗二諦観と神祇観−『法華別帖』と『拾玉集』を中心に−
身延文庫蔵『摩訶止観大綱見聞』について
台密教学探尋
「両子寺縁起」の天台
智証大師信仰の萌芽−「天台宗座主円珍伝」の成立からみる
「浄土五会念仏略法事儀讃」について
定珍相伝「極奥隠伝鈔」について
天台「菩薩戒義疏の「四十八軽戒」釈−第五軽戒までを中心に−
天台論義における仏身論について−特に義科書における境智冥合を中心として−
「釈迦如来行跡頌」に見られる釈迦如来一代記−天台教学の視点からの考察−
ネパール密教のマンダラ−公開講座−
『多武峰縁起』の天台
『峰相記』に見る中世播磨の天台寺院
義科『枕月集』の諸本と算題
天台『菩薩戒義疏』における「菩薩戒」注解の特色−十重禁戒の後四重禁を中心として−
『奈良平安朝期における論議について』
藤原俊成筆日野切における放ち書きの用法
出雲鰐淵寺の神と仏−鏡像・懸仏の尊格をめぐって−
天台霊応図本伝集真偽考
天台止観における坐儀の位置と評価
『水陸大斉霊跡記』(「施食通覧」所収)をめぐって
天台「菩薩戒義疏」における戒相釈の特色
「天使本命目録口伝」における三種法華説
中国研究旅行−西安・洛陽−
伝教大師受法の聖跡「峰山道場」「臨界龍興寺」の現況
知覚とデータ処理
志磐と「仏祖統紀」
「台門行要抄」真言抄の梵字の訂正
「日光山縁起」の天台
「経律異相」成立に関する一考察
惠鎮撰「四教五時略名目」について
波羅蜜の解釈 1,2,−「チャリヤーピタカ・アッタカター」「雑論」の試訳−
公開講座 梵文「維摩経」発見と意義(報告)
「羽賀寺縁起」の天台
「経律異相」の出典一覧
天涯の地 雲南省の旅
仏説の特徴について−仏教の誕生と展開−
『地獄草紙』の天台
天台大師の疑経観
『渓嵐拾葉集』における「三種法華事」について
宗存版木活字について
訪中記片々録 1,2−武当山・盧山・九華山雑感・石家荘・太原・五台山・大同・承徳−
延暦寺蔵の木活字と宗存版
中国声明の聖地 魚山について−魚山 陳思王曹植 淮陽−
古典文学の比叡山
宗学の振興と普及について
「施食通覧」の一考察
近世古活字版仏典の梵字活字−宗存版と天海版の場合−
日光天海蔵「摩訶止観抄」と関東天台
事物の認識と脈絡
日本天台における戒律の解釈
醍醐三宝院蔵 源信撰『白毫観法』について−源抄「阿弥陀仏白毫観」の再治本−
円頓大戒の興隆を願って
「出仮」観における説法と利他
洛中法華寺院の「評定衆制」ノート
「平治物語」の天台

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る