雨ふらし
桔梗の花
九郎右衛門
秋高し
狸囃子
烏天狗・大天狗
二人おさい
さようなら
おかめとひょっとこ
地獄山
昇天
黒髪山
二度逢った男
カンカン山
つゆ大将
三つの湖の三匹の龍の話
万金丹
女神
二匹の河童
斎藤隆介初期短編おぼえがき
ベロ出しチョンマ
ひばりの矢
ゲス
五郎助奉公
白猫おみつ
白い花
浪兵衛
山唄
毎日正月
花咲き山
トキき山
がらっぱ駒ひき
ショーンのネズミ
でえだらぼう
腹ペコ熊
ひさの星
カニの山のぼり
半日村
ふき

山鳥ほろほろ
天井胡瓜
対談 「創作民話」をめぐって
座談会 みんなの中でこそ、みんなとのつながりを考えてこそ
すぐれて科学的・合理的な思考
斎藤さんに捧げ銃
ひとりの正月
山から川から
若水
金の牛
笠じぞう
貧乏神
六十の谷こかし
馬の顔
塩ふき臼
赤牛
門松売り
はたはた
お雪
夢の枕
綢繆瑣談
小さな図書館と児童文学作家
他人の立場に立つ
北海道の白秋詩
父の記録を前に
私の小さな試み−僻地の子らにも読書の喜びを
学生と児童文学を読む
少年少女のみなさんへ
やっぱり北海道で考える−編集を終えて
八郎
ずいてん
カッパの笛
カブ焼き甚四郎
熊のしっぽはなぜ短い
天の笛
ひいふう山の風の神
ソメコとオニ
ドンドコ山の子ガミナリ
筑摩鍋
モチモチの木
三コ
なんむ一病息災
おかめ・ひょっとこ
春の雲
緑の馬
立ってみなさい
王様のヒゲ
もう逃げない
東・太郎と西・次郎
死神どんぶら
ユとムとヒ
おじいさんおばあさん
雪女
へや
ガムガン山
負け兎
天狗笑い
開拓のあけぼの−二宮尊親と興復社の人々
黒田清隆−北海道のいしずえを築く
エルムの森の内村鑑三

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る