教授横山操さん
安田靫彦−画集
安田靫彦の作品
安田先生のこと
安田先生を撮る
梅が香
亡父守一のこと
熊谷守一の人と絵
熊谷先生のこと
無欲恬淡な
熊谷さんの黒楽
奥村土牛−画集
評論・奥村土牛の芸術
土牛先生画集によせて
恩師奥村土牛先生
一生の光栄
日本美の発見
東郷青児の画業
東郷青児の影響力
五十年の友
東洋の目で見た世界
東郷青児について一言
山口華楊−画集
山口華楊の芸術
こんな眼か、あんな眼か
透明なやさしさ
生命と画家との共感
華楊先生と半世紀
“花鳥浄土”での出合い
小山敬三とその作品
小山敬三さん
熊手の掃き目
鉄斎外史の書いた家訓
人と人との結びつき
小野竹喬−画集
評論・小野竹喬の芸術
小野竹喬先生と僕
林画伯の国語愛
武さんのこと
苦労人・林武
評論・林武とその画業
小絲源太郎−画集
評論・小絲美術の魅力
池の端
出合い
小絲さんの俳句
小絲さんのはなし
向井潤吉−画集
民家と私
評論・向井潤吉の画業
「事実求是」の道
わが心の友
交遊四十五年
草書小品・変形
評論・平山郁夫
旅の平山郁夫夫妻
平山郁夫氏のこと
肖像画のこと
玄奘さんと平山画伯
評論・小磯良平
小磯良平さんと私
心中の天秤
若き時代の良平さん
小磯良平−画集
人間の影-戦争と戦争表現
外地の戦中少年時代
ホイッスラーと唯美主義
版画家ホイッスラー-そのエッチング作品を中心に-
ピカソ神話の解体
ピカソの色彩
永遠に若いピカソの絵
世界から透けて見える、もう一つの世界
等身大の鏡をもつ画家たち
ナルシズムを超えて
忘却の霧の中から現れた神秘と幻想の画家
絵画表現の極北
病苦を背負う巡礼たちとともに
伊東深水−「指」から、「聞香」へ。
私のコレクションと深水
試行錯誤の18年
清らかな呪術−岡本太郎の自己湧出
平山郁夫の主な著書と展覧会図録
日本の心と美を訪ねて-西から東へ 2 制作テーマを語る-
大下図-情感の冷徹なる継続-
原寸大の下図について
略年譜
伝統の救い主 岡本太郎
竹馬の友
猿枕
きわめて今日的な自然の把え方
詩を彫る版画家 川上澄生
クレーの落とし子たち
師・川上澄生
戦後日本人の欲望を表現-宮永武彦
イメージの女性美を求めて
絵を捨てて絵描きになった
小倉遊亀作品との出会い
植物図の変遷−写本挿絵から油彩画へ
花を描いた女性画家
植物図鑑の歴史

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る