信仰の進歩
他力信仰の発得
破邪顕正談
仏教の効果は消極的なる乎
仏教の興起
空想の実用
序文集
浩々座談
真宗大学の内訌
神秘体験の現代的意義
現代と出家
密教の神秘思想−その系譜と特色
空海の密教−その神秘主義について
比叡山の修行−篭山行について
「天台小止観」と十字架のヨハネの思想
空海とキリスト教的祈り−その親近と距離
神秘体験と倫理
密教美術の展開
イコノスタスと正教神学的意味
巫術・占術・呪術−陰陽道の歴史−
苦行と滅罪
作善と勧進
神と仏−神仏習合
鳩摩羅什から日蓮へ−「妙法蓮華経」を通して−
マハチマ・ガンディーの思想と闘争に見る女性観
最澄伝の再検討−入唐以前の事跡を中心として−
日蓮の天皇歴代観
日蓮思想と震災復興
ショーペンハウアー社会哲学研究序説
宗教と非宗教の間
唐代の『法華経』受容をめぐる湛然の問題意識
中国の人間仏教と日蓮の『入世』の思想−浄土教との比較を含めて−
生命と環境の動的な関わり−阿頼耶識とエピジェネティックス−
環境思想と科学技術−「持続可能性」をめぐって
神秘を語ることり諸相−偽ディオニシオスからエックハルトへ−
エラスムスと異教文学−研究史概観−
グレオリゴス・パラマスの思想と展開−ブルガリアのエフティミ・タルノフスキを事例に
宗教多元論への批判的考察−宗教における「排他性」と「2つの寛容性」について−
「共生」と西田哲学
鈴木大拙と真宗−その英訳「教行信証視点として−
キリシタンの浄土教批判−不干斎ハビアン著『妙貞問答』における「浄土四義説」の受容について−
近代日本仏教と中国・武漢
真宗とルーテル派−キリシタンの視点を手がかりとして−
親鸞浄土教における還相回向論の特質−その構造と具体性について−
蓮如の救済理解と神祇
SCIENCE AND THE METAPHYSICS OF BUDDHISM
SCIENCE AND RELIGION:FIVE QUESTIONS TO BUDDHISTS AND CHRISTIANS IN DIALOGUE
GROWTH OF BUDDHISM IN AMERICA:ITS CAUSES
REASON AND INTUITION IN CHRISTION AND BUDDHIST PHILOSOPHY:ANSELM'S PROSLOGION 2 AND 4 REINTERPRETED IN LIGHT OF D.T.SUZUKI'S ZEN THOUGHT
SPIRITUAL CARTOGRAPHY:MAPPING THE HUAYEN MIND
THOUGHTS ON A PRONUNCIATION OF THE NEMBUTSU FOR THE GLOBAL COMMUNITY
WHAT IS BUDDHIST PHILOSOPHY?:AN ESSAY IN HONOR OF DR.RYUSEI TAKEDA
BLINDNESS AND INSIGHT:THE VOW OF A TEACHER
SOME REMARKS ON AMIDA AND HIS PURE LAND
THE PROMISE AND REALITY OF INTER-RELIGIOUS DIALOGUE
以前崇拝と霊魂崇拝
山中他界と海洋他界
久松真一先生における禅と念仏
宗教における「いのり」の問題をめぐって−親鸞にみる「いのり」の世界
第二バチカン公会議、その時…「現代世界憲章」のこころ
日本のキリスト教の祈り・その課題と可能性−日韓宣教史の比較から−
イスラームの祈−信と行−
死刑囚にみられる祈りの諸相
「共有される安全保障」(SHARED SECURITY)の観念について
人類共通の倫理に対する宗教者の貢献
利他性が欠如した時代の危機−仏教と経済をめぐって
「共にすべてのいのちを守る」ための5原則共有される安全
SHARED SECURITYの含意と新たな神仏習合(宗教的多元論)の論理
仏教と科学の接点−宗教と科学を総合する可能性の探究−
生命論的世界観の中で−科学から誌へ−
暗黙知と無意識の大海−科学と仏教の交錯から−
親鸞の神祇
現代科学と仏教−人間存在の矛盾と超克−
新幹線車軸の疲労寿命・生命と異次元世界
科学技術文明と安全(safety,security and holonomy)
近代国家における宗教と科学の錯綜−秩序への挑戦か、迎合か−
科学と仏教の共通性から見た浄土教理解
隙間からの神
宗教における普遍と個別−宗教間対話の哲学的基礎について−
絶対無の神と神聖の無−西田哲学とエックハルトの神秘思想を介して−
久松真一論
セビヨの著作にみる動物の「二元論的創造」
円谷幸吉を記念すること−福島県須賀川市の動向を中心に−
〈聖なる皇族〉研究序説−昭和戦前・戦中期宮城県〈御成〉の報道を事例に−
近代・オリエンタリズム・越境性−仏教研究における近年の一動向をめぐって−
イスラームにおけるタウバとキリスト教におけるコンバーション、そして仏教における廻心−各聖典を中心とする比較考察
平成20年代初頭における仙台市内「どんと祭」の開催時間帯の特徴
G.J.ヘルトの呪術論−西洋的「宗教」概念への懐疑とその攪乱
イスラームの死生観−タバリーのクルアーン解釈における二つの生と二つの死−
ラインホールド・ニーバーの現実主義と宗教
翻訳 太陽と月の諍いと敵対−フィリピン、インド、およびマレー半島諸神話への寄与−
19世紀前半モンゴル宣教における聖書翻訳をめぐる諸問題とその意義
安永期江戸小咄本からみる死
被災した岩沼の墓地−津波の爪痕を癒そうとする人々の自助努力
宗教と医学を超えて−救世病院長小林参三郎の治療論−
インターネット時代の流行神「願いの宮」を事例に−
中世説話における蛇観念
ネワールと米飯−祭礼における共食集団の分析から
「マヨヒガ」伝承に込められた心意の再考−柳田国男・佐々木喜善を出発点として−
法華経に関する3冊

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る