在家仏教に見る民主の基盤
社会変革と大乗の精神
ガンディーにみる政治と宗教
創価学会と政教分離
一知半解の「政教分離論」
天理教からほんぶしんへ
物語としての「ほんぶしん」の癒し
ウコン(鬱金)をめぐって癒し手段と民間療法的癒し
新宗教における修養的な癒しと呪術的な癒し
新宗教の社会的癒し
癒し、霊的世界、土着的キリスト教−韓国から日本へ
アフリカのキリスト教系宗教における癒し-日本との比較の試み-
現代アメリカのキリスト教神癒論
イギリスのキリスト教における病いの癒し
神気の癒し−都市のスピリチュアル・ヒーラー
風水と癒しをめぐる民俗理論
救いから癒しへ−吉本内観とその宗教的起源
正常と異常のはざまと心の癒し
なぜいまネットワークか
日本神社年表
高野山の開創をめぐって−弘法大師と丹生津比売命
虚空蔵聞持法とその展開
中世羽黒修験の一山組織
日本の家訓における神道的契機
宗教現象学における原初体験としての音声の考察
死者と豊饒−柳田「固有信仰論」の外延
奪衣婆/姥神考
教祖と貧−差別の視座から
J.ロックの政治論にみられる或る意義について-宗教的自由実現の道
欧米における“POPULAR RELIGION”の研究動向
風の言語
バハオーフェンの「母権」に関する覚書き
慈悲と論理展開
「型」論序章−「視点」と「型」の「顕われ」
メコネの「牛の分配」をめぐる罪と罰-ヘシオドスの「神統記」と「仕事と日々」より
南インドのヒンドゥー寺院政策-チダンバラムのナタラージャ寺院をめぐって
研究生活の回顧
THE PROMINENT FEATURES OF JAPANESE RELIGION
MACHANISMS AND PROCASS IN THE STUDY OF JAPANESE AMULETS
真の信仰者として社会的使命を実現
政教分離原則の原意
宗教団体と政教分離原則
色心二法事
哲学に反映されたヴァイマル時代-特にシュペングラー、ハイデガー、ブロッホにおける哲学、時代分析及び政治−
ヴァイマル時代の宗教学における宗教のモデルと認識原理
撃破の力、忍耐の力-ヴァイマル共和国における医学改革運動と学校医学の危機-
諸宗教対話の反省と展望
宗教と文化
諸宗教対話の諸問題
「宗教的対話」の虚妄性−「宗教的共存」との対比において
現代宗教の社会的役割と対話
宗教間対話の反省と展望
諸宗教間の対話か融合か
仏教とキリスト教の対話(大綱)−直接経験の諸相
神道の生命観−構造神学試論
シャーマニズムの問題
神と神を「よそう」者の祭り
古代の「大社」についての覚書
氏神鎮守社の再生−遷宮祭と神社復祀に関連して
「神皇正統記」における神道と儒教−「天命」の解釈をめぐって
記紀の神々とインド古代の神観念
伝教大師の比叡神信仰
山王一実神道の特質
空海の神祇観
役小角
A STUDY ON THE TIBETAN MONASTIC SYSTEM
ナーランダー仏教大学最後の光景[資料編]
インドの暦の研究(2)
インド運動論の原典翻訳(2)
初期ラーガ・ディヤーナについて
YASOMITRA著 SPHUTARTHAにおける仏教語の文法的解釈(1)
大乗涅槃経の女性観
蔵漢対訳「虚空蔵菩薩経」
かの時代の遺産
ドイツのカトリックの世界像、時代意識並びに政治理論における欠陥
ヴァイマル−宗教と世界観の空白地帯−
ヴァイマル共和国の小説としてのトーマス・マンの「魔の山」
米と祖先崇拝
ヴァイマル共和国の社会階級と宗教
ドイツ青年運動の宗教観
最も危機の瞬間−ヴァイマル末期のプロテスタント神学の状況について
マリア・ラーハの運動−政治的カトリックについて−
民族主義的運動の宗教意識について
「新異教徒」と全体主義-ヴァイマル共和国末期における民族主義の宗教-
「緑」と「褐色」の狭間に-第一次世界大戦の民族イデオロギーと郷土運動ー
行基
菩提道の慈父
西先生と大倉精神文化研究所
大乗は師資相承に依る釈尊の真説
最澄から円仁へ
平安朝文学における習俗語
法然における学の体系と実践の体系
法然門下の初期の系譜資料
親鸞の宗教と文化
道元と良寛
修験道における宗教文化
「九暦」にみられる法会と修法について
日本の仏教宗派の分布動向
「大阿弥陀経」および「平等覚経」の翻訳に関する考察
忠誠心とコミットメント

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る