偶像崇拝とその克服−政治的決断の基礎として
神話としての回心
ガザーリーの宇宙論とその神秘的位相
大嘗祭 儀礼論の試み
辛党の神と甘党の仏
年中行事にみる日本人の宗教生活の変容
現在のカクレキリシタンの神観念
カタラガマ考 現代スリランカの神信仰
花嫁−稲霊−豊饒の神 インドネシア、ランプンでの事例研究
呪と医と信 古代メソポタミアの場合
一九一二年の宗教学 エルツの民俗調査をめぐって
「主婦」の祀る先祖 従属する主体
処女母神の神(話)学
「宗教法」をめぐる宗教学
イスラームにおける権威の構造
キリスト教と日本の宗教文化の出会い 祖先崇拝に対するカトリックの態度を↓
古代オリエントの誓約と神の印章
宣教師の再渡来とキリスト教−幕末の浦上切支丹問題−
巡礼の日本史
平和派良心と連帯の産物
死んだ平和でなく生きた平和を
祖国愛から人類愛へ
世界平和は一人ひとりから
波野村問題について
宗教版ディズニーランドの試み
現代社会の病理を映す
折々の記
オウム真理教と波野村
オウム真理教をめぐって
超常体験と宗教研究
茶を飲まずんば幻覚をえず−ブラジルにおける幻覚宗教の疫学
舞踊を「語る」眼差し
宗教体験の現象学的分析のために
「体験」と「伝統」−近年の神秘主義論争に寄せて
宗教体験とその記述における相対性
自己表現論と宗教
元型論から見たコトバの深層
宗教思想と言葉−神話・体験から宗教的物語へ
宗教的自伝の語りと読み
神話から物語へ
宗教学者は神秘家のテクストにいかに接近するか
空海の解釈のために
移民の宗教
アメリカインディアンと信教の自由
「あなたの神は白過ぎる」−黒人神学と精神の「非植民地化」をめぐ↓
アメリカにおける初期メソディスト派の動向-その組織的展開を中心として
アメリカ史の謎-モルモン教における叙事詩の発生と一夫多妻制度の意味
都市とリバイバリズム-ドゥワイト・ムーディを中心に-
民衆的キリスト教と現代−ペンテコステ運動からネオ・ペンテコステ運動へ−
アメリカの東洋宗教−アラン・W・ワッツを例として
新宗教運動と世俗化
現代アメリカの宗教と政治−メイン・ライン諸教派の衰退とテレヴァンジェリズムの興隆をめぐって−
現代国家と宗教団体
ヨーロッパにおける国家と宗教団体
アメリカにおける宗教団体とその紛争処理
フランスにおける宗教団体とその紛争処理
ドイツにおける宗教団体とその紛争処理
ソ連における宗教団体とその紛争処理
日本における宗教団体とその紛争処理
未来の世代のための世界平和を
諌暁八幡抄
親鸞と現代−国際化と世界宗教対話−趣意
基調講演 親鸞と現代
基調講演 アジア諸宗教の中の親鸞思想
基調講演 真宗学の国際化−親鸞における「自己」と「他者」
基調講演 宗教的多様性と真理問題
親鸞と現代−国際化と世界宗教対話−討論
親鸞と現代−国際化と世界宗教対話−討論
概要と課題
科学者の役割
科学者の役割
科学者の役割
霊長類の立場から
基調講演 二十一世紀における「生命系の経済」
基調講演 第三世界における固有の課題から見た生命系の経済
基調講演 エコシステムへの多様な対応のための国際協力研究
提言 地域自立のための生命系の経済
提言 生命系の経済−概要と課題−
生命倫理 趣意.概要と課題
基調講演 生命倫理
討論 生命倫理
討論 生命倫理
国家統治と宗教
中国・日本の密教における道教的要素
仏教の論議について
「洞淵神呪経」の祭儀の伝統
大極の観念の地位と意味
福建省の神話とシャマニズム
キリスト教の啓示論
キリスト教の弁証と宣教
近代社会と宗教
シュライエルマッハーの宗教論
マックス・シェーラーの宗教論
イスラームと近代化
シャーリア(イスラーム法)
イスラームの成立
インド仏教の発展
原始仏教
ブッダ以前のインドの思想
禅宗の清規−元代「勅修百丈清規」を手掛かりに−

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る