宗教の人間学的基礎づけのための覚書
「柱状化」(Pillarization)-宗教と社会との関係の一形態
教化活動におけるコミュニケーションの問題
「憑霊」(Spirit Possession)の概念について
不死生の問題−O・ランクの所説をめぐって
葬送儀礼研究の系譜−J.グーディの所論をめぐって
宗教的情操についての一考察
旧出雲の宗教文化と北方シャマニズム
イスラームの神観について
弥谷山の葬送習慣とその信仰圏
越後八海山における登拝講集団と里宮
山伏字義考
中之島の祭祀とその社会的分脈
奄美におけるノロの神聖性とウナリ神信仰
沖縄における創価学会の伝播と受容
檀徒と寺院−A寺単立化に見る寺檀の関係
イエスの神観−弟子教育に関説して
神不在の福音−グノーシス主義の「神」観−
信仰の神と哲学者の神
バルト神学における神観
「神の死」と神
神観の将来
「神の像」(Imago Dei)と医学
現代の宗教哲学に対する種々なる疑問
宗教的真理の本質
宗教の究極性
存在の宗教的意味
浄き母マリア
神の愛
宗教詩“霊の暗夜”
神の問題
神の存在
未来の宗教哲学について
「イズナ」と「イズナ使い」
伝承としての祭り世界−信州新野の雪祭りと市神の盆踊り
ネンブチャー−民間念仏者
奄美におけるノロ継承のイデオロギー−名瀬市郊外甲地区の事例研究
宗教受容における文化的、社会的側面−観音信仰をめぐって
救いの論理−天照大神宮教の場合−
現代に生きる憑依と憑抜の論理−世界真光文明教団の場合
からだの救済とこころの救済−医療宗教学へ
メソディズムにおける宗教体験と社会
イスラーム・ファンダメンタリストの世界認識
真宗教学と歎異抄−教典論への試み−
神道問訣
宮古島保良の祭祀と儀礼
宮古島保良の祭祀と儀礼
宮古島保良の祭祀と儀礼
宮古島保良の祭祀と儀礼
心の清きもの
愛するということ−人と世を変える原動力
神の霊は人・世を変える
与えられた法華経
私の信仰体験
親鸞の教え
ヨーガにおける人間変革
われも黄金の釘ひとつ打つ−業生より願生へ
絶対への突破
アジアの隣人への日本人の責任−一神父の体験より
真実を求めて歩むキリスト者−献呈の辞に代えて
哲学者の神−神観研究の意義を問うて
インドの神−ヴェーダの神々から仏教の諸神格まで
マガ婆羅門について
神道と神々
神仏論考
天理教の神観
日本民俗の神観
アジアの宗教と経済−その民衆の神観に関わって
神話における神
スピノザと神
人間論的神学と神−西田幾太郎とシューバート・オグデン
神仏分離後の仏教復帰について
廃仏毀釈における人的対応の諸様相
神仏分離実態調査雑録
西多摩仏教習俗探訪余録(神仏分離実態調査雑録)
多摩秋川渓谷における神仏の習合と分離(神仏分離実態調査雑録)
高麗・名栗両渓谷の信仰形態(神仏分離実態調査雑録)
村落社会と宗教集団−湯西川と大井川−(神仏分離実態調査雑録)
廃仏毀釈における神葬祭化の過程と現状−関東諸県の実態(神奈川県)(神仏分離実態調査雑録)
神葬祭地区における神仏分離の類型−静岡県下の事例(神仏分離実態調査雑録)
静岡地方における神仏関係の調査・研究(神仏分離実態調査雑録)
中国の后土神信仰と沖縄
陰陽道の現状
遊行宗教者−山伏のあとを求めて
先祖供養
航海安全の民間信仰
カトリックの受容と変化
新宗教の受容
親族と祭団の構造−八重山平の事例研究
ビジュル信仰
カミダーリィの諸相-ユタ的職能者のイニシエーションについて
実存主義と神−対話と独白
宗教の厳粛と人生の慰安−煙草とカヴァ酒の話−
天の饗宴と地上の饗宴−供犠式にまつわる一考察−
年中行事と仏教儀礼
仏名会の消失
宗教儀礼の価値転移−受戒の民俗性とその展開−
仏教における龍蛇信仰
法然上人の授戒と臨終行儀
開眼と洒水

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る