海上と出現仏について
山頂飛来譚の背景
盆の夜の墓参りと寺詣り−儀礼構造の複合性と習俗変容に関する一試論
死への愛好と生への愛好−往生浄土への転回−
浄土教史の一断面
宗教的指導者における現世肯定と超克−念仏信仰の二面性−
宗教発生因としての社会について
日本人の古代信仰
宗教社会学の一課題
宗教的事物の社会学的重層性について
宗教的集団の形態
未開社会における刑の忌避と贖罪
神仏習合と分離に関する摘記
社会変動と宗教変容
承徳本 古謠集
近代化と日本人の宗教価値観の変容−基層宗教文化に対する工業文明の影響を中心として
現代日本における青年の宗教意識
新宗教の地方伝播と定着の過程−山形県湯野浜の妙智会会員調査から
基層伝統宗教と移入宗教−沖縄、宮古島調査から
宗教制度の変動と論理−北海道常呂町の調査から
日米両国における近代化と宗教−ハワイ国際会議の印象から
宗教的儀礼における生と死
呪術への発足
新興宗教の功罪と社会福祉
社会・人間・そして福祉
宗教的現世観の諸類型
来世観の形成と展開
宗教儀礼における両極性と偏極性
創唱的宗教と民族的宗教との接点
悪口祭
鬼おどし
一つ目小僧と針供養−宗教の扮飾
やすら鰯−節分覚書−
ややこ舟
老人遺棄伝説について
魂よばい小考
神幸祭の二面性
宗教における酔わす要素について
修行がどうして人格を形成しうるのか−私のキリスト教と禅の修行体験を反省して−
現代インド社会と宗教
東南アジアにおける仏教と社会主義
現代アジアとイスラーム
伝統社会の崩壊と宗教
社会変動と宗教
世俗化−日本と西欧
政教分離−アメリカと日本
信教の自由と現代
現代アメリカと宗教
現代ヨーロッパと宗教
化学的信念と宗教的信念−信念形成の論理から見た−
現代宗教論の陥穽
生神思想論−新宗教による民俗〈宗教〉の止場について
都市家族における先祖祭祀観−系譜時先祖祭祀から縁的先祖祭祀へ−
都市の祭への視角−名瀬市〈奄美まつり〉をとおして
近代における旅と宗教−「まれびと」の変質
非都市的社会の新宗教−世界真光文明教団・地方道場の場合
慈善の方法
一少数派講中の分派過程−日蓮正宗信講の事例
現代キリスト教界におけるアイデンティティをめぐる闘争
修養団体の比較研究
宗教集団における信仰治療
ハワイ日系宗教の模索とジレンマ
華人社会の民衆宗教−香港・潮州人社会の道徳
憑依宗教における伝統と革新−アフロ・アメリカン宗教の一断面
新宗教の成立と展開
十一世紀初頭の空海伝説について−入定信仰の形成
鎌倉仏教における〈神〉の観念
一遍智真の善光寺参篭の意義
布施弁天と庶民信仰
平田神道の複合的性格−「毎朝神拝詞記」と「玉たすき」を中心として
内村鑑三と浄土門−仏典理解の傾向性について
苦悩に意味はあるのか−小説家から見て
人間の業と罪−宿業の転成
原罪と業−現代的解釈の光のもとで
現代人の死刑囚的状況
現代人にとって死とは何か−死の問いの意味
死について−キリスト教的省察
現代宗教の苦悩と課題
現代の危機にたちむかう−仏教の主体性について
精神治療と宗教
社会問題と信仰
国際化の悩みと信仰
現代社会と司祭の悩み
実行教
禅・剣・筆による人間教育
書は人なり−筆禅道と人間形成
ヨーガの身心に及ぼす影響
比叡山の修行
禊祓について
修験道の行法と人間形成
行を媒介とする真の自己の獲得
修行三界
イエスズ会の修行と人間形成
現代日本の教育における修行の意義
玉津嶋明神事
かくれ念仏の論理−「法要章」を中心として
村落共同体の宗教機能−沖縄県来間島の部落祭祀と民間信仰
明治基督者の生活意識
民間信仰の機能的境位−創唱宗教と固有信仰の接点
下北の他界観と葬制儀礼

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る