人身供犠と首狩りの発生
三階教と日本仏教
神の諸相−形の神と心の神−
神観念の起源
神の存在の証明
キリスト教の神−聖書の神観−
仏教に於ける神の問題
死について
罪−キリスト教の罪悪観−
苦−原始仏教に於ける苦とその超克−
不安・絶望・神
不安について−問題の所在−
令制下における仏教の地方的変容
光明真言と初期浄土教
中世初頭における情況把握の変質−「平家物語」の夢の説話を手がかりに−
忍性の社会事業について
所聞録
武家社会における鎌倉仏教の展開−日蓮の宗教の受容と定着過程−
下総における日蓮の周辺
水戸藩の宗教統制
天理教における価値観と権力観−天理教の発展と政治権力
明治の新興仏教運動と世俗倫理
城下町における基督教の受容−群馬県安中教会を中心に
民主主義と宗教
民主主義と宗教
民主主義と宗教
民主主義と宗教
民主主義と宗教
大山への成人登山習俗の広がり
大山の茶湯寺と東京都日野市高幡の茶湯石
大山信仰関係文献目録・解題
宗教的理想と生活の事実
宗教学の黎明時代
オーギュスト・コント少壮時代の論考と宗教研究
実在するものとしての神
未開人に於ける死の観念
西蔵訳「無畏論」は龍樹の真作なりや
アッシリヤの陰陽道と朝鮮の陰陽道
心性の歴史的発達に就いて
宗教学上より観たる神道の特異性
伴天連追放令の発布をめぐって
瑜伽経(ヨーガスートラ)に及ぼせる仏教の影響-特に三世実有論を中心として-
アポロン宗教の一面−アポロン・サウロクトノスの研究−
根本中の研究−根本中の立場と阿毘達磨の本義−
巴利仏教の特徴に就いて
原始キリスト教団の成立とその生活
認識論上の仏教
唯識哲学に於ける因能変果能変の問題
絶対意識と悪の問題
仏性論争の中心題目−無性有情について−
因の三相の起源
禅とその批判
江戸幕府の宗教統制
近世社会と仏教
松前仏教の近世的展開
檀家制度の展開過程-相模国足柄上郡千津嶋村宗門人別帳の分析-
寺檀制度の成立過程
幕藩体制下における真宗寺院と安芸門徒
肥後における日蓮教団の展開
切支丹禁因の再吟味−天正禁令に就いて−
「キリシタン禁令」の研究
慶長十九年正月の京都におけるキリスト教迫害に関する一考察−初期幕政とキリスト教−
キリシタン禁制の転換とキリシタン民衆
幕藩制成立期における排耶活動−禅僧を中心に−
大山信仰の地域的展開−関東を中心に−
神奈川県相模原市域における大山信仰
東京都八王子市域の大山道と大山信仰
東京都多摩市域の大山信仰−神酒枠と木太刀奉納−
大山が見える、大山に行く−東京都府中市域の大山信仰−
埼玉県坂戸市坂戸の大山講
アメリカの対日宗教政策の形成
占領軍による国家神道の解体と天皇の人間化-GHQによるわが国体の変革
戦後日米文化交流計画の胎動
宗教法と日本文化
国家神道体制の成立と展開−神社局から神祇院へ
宗教制度の改編過程−宗教行政を中心として−
社寺領国有地処分の意義と影響
占領政策と仏教団体
日米文化接触の中の日本キリスト教団-1945.8から1952.7まで-
カトリック教会の展開・戦時下と戦後-宗教社会学的な一考察-
占領下における修験の展開
新宗教と敗戦・占領−修養団捧誠会の場合−
岸本博士と占領時代の宗教政策
宗務行政の中から−河和田唯賢氏に聞く
占領軍と新宗教
占領政策と神道界の対応
検証 GHQの宗教政策
「占領と宗教」研究の最近の動向
「占領と宗教」関係邦語文献目録
「占領下における日本の宗教」関係年表
近世における政治権力と宗教的権威
橋姫明神事
ケルト人、ゲルマン人、トラキア人、ゲタエ人
オルフェウス、ピタゴラス、新たなる終末論
マハーカーシャパからナーガールジュナにいたる仏教の歴史とマハーヴィーラ後のジャイナ教
ヒンドゥー教の総合-「マハーバーニタ」と「バガバッド・ギーター」
ユダヤ教の試練−黙示からトーラーの称賛へ
ヘレニズム時代におけるシンクレティズムと創造性-救済の約束-
イランにおける新たな総合
キリスト教の誕生

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る