祖先崇拝と「家」
祖霊信仰の研究成果と課題
翁と童子−その身体論的時空−
翁童論
海神少童
白山権現事
山中他界観念の表出とと虚空蔵信仰
虚空蔵信仰の研究成果と課題
不動信仰−忿怒像に求めた救い
不動尊信仰の伝播者の問題
修験道と不動明王
葛川明王院と地主神社
院政期における秘密修法
平安期における憑霊現象−「もののけ」問題を中心として
平安朝の憑祈祷−智証門流との関係を中心として
修験道の理念と説法
相応と回峯行
養蚕守護神としての虚空蔵菩薩
観音信仰と播磨の法道仙人−「元亨釈書」記載の法道伝説の成立事情について−
厄年と除厄法
長法寺「よみがえりの草子」不動明王信仰について
成田山縁起とその草創期
成田不動講
明治維新と原口照輪
不動信仰と都市的性格−大阪府・滝谷不動を中心として
六郷山の権現信仰と修験
六郷山の信仰体
倶利伽羅不動について
五方に勧請される仏神の変貌
笛吹童子
羽黒三所権現
和光同塵
豊国神社の成立−万廣寺の成立−
日光山と関東の修験道
東照大権現の成立と展開
日光東照宮の信仰について
権現信仰の研究成果と課題
十三参りの成立と展開
十三参りの成立
虚空蔵菩薩信仰と「鰻」
建白書
星と虚空蔵菩薩信仰
漆工祖神としての虚空蔵菩薩信仰
鉱山と信仰
古代仏教における山林修行とその意義
記憶の技法
高賀山と虚空蔵信仰
唱導説話縁起としての高賀山縁起
別山加宝虚空蔵信仰論序説(1)
奥美濃における虚空蔵信仰
虚空蔵信仰の伝播
石動山の開山伝承と石動修験
房総の虚空蔵信仰と日蓮聖人
中世末期における熊野那智本願について−青岸渡寺文書を中心に−
那智山経塚と「那智山滝本金経門縁起」
熊野曼荼羅の研究
「熊野の本地」考序説
熊野信仰の研究成果と課題
近世における大山御師の成立と檀廻り
近世における大山御師の成立と檀廻り
近世における大山御師の成立と檀廻り
明治期における大山信仰の展開
明治期における大山信仰の展開
幽囚録
明治期における大山信仰の展開
大山参詣の諸道
大山参詣の諸道
大山参詣の諸道
大山参詣の諸道
大陸における本地垂迹説の起源と仏教の習合的発展
本地垂迹説の起源について
神宮寺成立の史的背景について
神仏習合の発展
多武峯妙楽寺の展開
摂関時代の御嶽詣
エビス神信仰の研究−エビス神を祀る神社の問題−
漁村におけるエビス神の神体
エビス信仰の伝播と神去来伝承の複雑化
大黒天考
大黒さま
毘沙門天と福
弁天信仰
江の島の支配と弁財天信仰
福神信仰の研究成果と課題
熊野信仰−その歴史と文化−
熊野神話と熊野神道
熊野神社と熊野山
中世後期の熊野
わが国に於ける補陀落信仰
熊野信仰の一考察−神仏相関の一齣−
院政期熊野詣と公家領荘園−奉仕者としての民衆を中心に−
熊野御精進について−その諸行事と遺址−
熊野九十九王子考
熊野詣と御師の発達に就いて
続中世檀那株の研究
熊野先達
熊野修験と大峯奥駆け
上野国兒持山之事
金毘羅信仰と民俗
金毘羅信仰と修験道

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る