家と宗教
路傍の石
山中他界観念の形成におけるシャマニズム的要素について
口寄巫女について
口寄巫女へのアプローチ
巫者と文学
東北の民間信仰
憑物(守護霊を持つ家)の調査について
諸国憑物問状答
隠遁思想における人間性への思慕
異常性への模索
両墓制の意味
日本宗教史における交通の問題
東北民俗文化雑感
文化の伝播と変容
豊後姫島
豊後姫島の円田慣行
奄美大島の稲米儀礼について
現代文明知らぬ南端の小島
申歳随筆
十三塚考
堀一郎博士の思い出
堀さんと私
堀一郎先生の想い出
霞・檀那場の組織と山伏御師の檀廻−山岳仏教の展開と修験者山臥の遊行的機能および形態−
山岳信仰の原初形態に関する一仮説−山岳仏教の展開と修験者山臥の遊行的機能および形態−
わが国浄土教の発達とその民間下降 上下−わが国浄土教の発達と民間念仏の形態と機能
民間信仰における鎮送呪術と民間念仏の機能
近世特殊民の呪術宗教的職能−近世特殊民漂泊民の呪術宗教的機能−
来訪する宗教的乞丐民−近世特殊民漂泊民の呪術宗教的機能−
来訪する宗教的乞丐民−近世特殊民漂泊民の呪術宗教的機能−
三昧聖と勧進聖−近世特殊民漂泊民の呪術宗教的機能−
あるき巫女と歌比丘尼−近世特殊民漂泊民の呪術宗教的機能−
民間信仰における「人神」の観念と宗教的遊行者の原初的性格と機能−近世特殊民漂泊民の呪術宗教的機能−
シャマニズム論の展開
民俗学的研究における時代区分の問題
民間伝承の概念と民俗学の性格
伝承の権威
日本宗教史における民俗学
生活文化の基盤
社会変動と宗教
岐路に立つ欧米の民俗学
北欧遊記
韓国の宗教事情
「聖」と「俗」の葛藤
神の死について
民俗信仰と聖徳太子
わが国における火葬の民間需要について
盆と祖霊
死と復活の儀礼
トウマイリとソンジョ迎え
日本人のあの世
穀霊と死霊・祖霊
宗教以前への逆転
御杖代について
日本人の信仰態度について
稲霊と人魂
民間信仰の根強さ
湯殿山系と即身仏(ミイラ)について
日本人の宗教の成立
日本の民間信仰
超論理の世界
日本人の宗教意識
日本人の精神的風土と宗教
神の死の神話についての一考察
夏祭
葬送墓制・・・原稿
民間信仰史の諸問題
わが国民間信仰史の研究 宗教史編
ヒジリの発生と性格の変遷−ヒジリ(聖)と俗聖、その発生および分化−
上世仏教の呪術性と山林の優婆塞禅師−山岳仏教の展開と修験者山臥の遊行的機能および形態−
山林抖ソウと巡礼の流行およびそれにともなう先達御師の発生−山岳仏教の展開と修験者山臥の遊行的機能および形態−
日本仏教の流れを追って
堀史学による独自な日本仏教史論
香取神宮式年軍神祭について
古代伝承および信仰に現れたる遊幸思想
神職の祭と氏子の祭−出雲八束郡神魂神社の頭屋祭を中心として
夏越の祓について
諏訪下社の遷座祭
神道研究の方法について
神社と文化
住吉のあら人神
神道と民間信仰
若宮信仰
信仰の混合
聖地のダイナミックス
神道の将来−ナショナリズムの誘惑
神道とナショナリズム
神社神道の位置
明治神道史
神社神道と信教自由
祭と生活
宗教史
神事は単なるカタルシスか
民俗宗教論における遊幸思想と神社神道
堀先生における連続と変動
堀一郎先生の宗教民俗学
保呂羽山の正月行事
盆の送り
信仰の並存性について

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る