民間信仰と日本文化
民間信仰の行方
女人禁制
民間信仰
民間信仰の形成と仏教の初期伝播
宗教民俗学における比較宗教論的視点
宗教と政治
社会変動と宗教
転回点に立つ宗教
変動期に於ける宗教の役割
SCAPEGOATとORGIE
現代と宗教
日本の宗教
宗教の社会的機能
聖なる領域としての洞窟
精神的風土と日本宗教の型
精神的風土と日本宗教の型
日本仏教の展開
教団論−その宗教社会史的アプローチ−
啓示宗教のになうディレンマ的諸問題−教団論−その宗教社会史的アプローチ−
分裂と調和、反世俗と堕世俗−啓示宗教の運命的ディレンマ−教団論−その宗教社会史的アプローチ−
日本仏教における反世俗の循環
本朝名僧伝物語
鞍作司馬氏の人々とその周辺
寧楽高僧伝
高僧伝
空也
一遍上人にあらわれた庶民性
伝教大師
社会改革と仏教−宗教・習俗の生活規制(日本宗教史研究 II)
諸宗教のうけとられ方 宗教民俗学的研究への予備的考察−宗教・習俗の生活規制(日本宗教史研究 II)
万葉集に現れた墓制と、他界観、霊魂観について−宗教・習俗の生活規制(日本宗教史研究 II)
釈教歌成立の過程について−宗教・習俗の生活規制(日本宗教史研究 II)
平家物語にあらわれた宗教史的要素−宗教・習俗の生活規制(日本宗教史研究 II)
平家物語にあらわれた宗教史的要素−宗教・習俗の生活規制(日本宗教史研究 II)
神仏習合に関する一考察−宗教・習俗の生活規制(日本宗教史研究 II)
我が国の学僧教育について−宗教・習俗の生活規制(日本宗教史研究 II)
中尊寺金堂長押内発見の火葬人骨、納骨器及び笹塔婆について−宗教・習俗の生活規制(日本宗教史研究 II)
湯殿山系の即身仏(ミイラ)とその背景−宗教・習俗の生活規制(日本宗教史研究 II)
宗教・習俗の生活規制に関する調査研究−福島県相馬藩の真宗移民について−宗教・習俗の生活規制(日本宗教史研究 II)
矛盾する宗教界−若き宗教家にのぞむもの−
日本社会のアノミーに於けるシャーマニズム的宗教形態の擡頭・簇発の宗教社会史的意味について
わが国学僧教育制度
円応教 修法と奉仕の教義
生長の家 日本的習合宗教の典型
パーフェクト・リバティー教団 此岸の宗教
世界基督教統一神霊協会 原理運動と勝共連合
天照皇大神宮教-踊る宗教と土俗性-
現代にとっての宇宙論とは(座談会)篠田・山口・大室・山折
善隣会 教祖二十年の苦行と善隣の道
日本仏教史論
日本上代文化と仏教
仏教と政治
堀一郎博士の日本仏教史研究
いわゆる堀文化史観の意味するもの
日本宗教の社会的役割
日本人の宗教生活
民俗学から見た日本人の霊魂観について(日本人の霊魂観念)
村落における宗教的緊張(日本人の信仰習俗)
奥能登の農耕儀礼について
職業の神
民間信仰における霊人別留の伝承(日本人の霊魂観念)
幽霊談義(日本人の霊魂観念)
新宗教の諸問題 <討論>梅原・小野・清水
霊友会 法華経新教団の母体
立正佼成会 法華信仰と先祖供養
創価学会 宗教政治集団の発展と拡散
日本敬神崇祖自修団 鎮魂と身削の行
妙智会 先祖供養と忍善への道
四国の弘法大師伝説
真如苑 独自の密教教団
解脱会 身・心・霊の浄化と報恩感謝
光妙教会 女胎信仰と音のメタファー
大本 予言と弾圧の歴史
ほんみち 甘露台世界への道
松緑神道大和山 辺境開拓の宗教共同体
璽宇 ある天皇主義者の悲劇
松下祖神道系教団群
祖神道教団
四大道
天恩教
真理実行の教
道元の宇宙
道行の宇宙 説経「小栗判官」と近松「曽根崎心中」の場合
いざなぎ流の宇宙論覚え書
御嶽行者の宇宙観
中国人の天と宇宙
ルネサンス・ヨーロッパの宇宙論
イスラムの宇宙像
原郷回帰のシンボリズム
現代にとっての宇宙論とは(座談会)篠田・山口・大室・山折
毛髪の象徴性 宗教人類学の視点から
新宗教の系譜
新宗教の系譜 長松日扇・本門仏立講
新宗教の系譜 中山みき・天理教
新宗教の系譜 川手文治郎・金光教
新宗教の系譜 「大本」教の系譜
新宗教の系譜 世界シメア教系教団群
新宗教の系譜 教派神道の流れ
新宗教の系譜 霊友会系教団群と創価学会

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る