近松物と私
淋座敷之慰
元禄元年の三部作
現金売掛値無し
西鶴の文学史的価値
西鶴諸国はなし
武家義理物語
西鶴の用字
井原西鶴と私
きつね狩り
蕪村句集(発句篇)
蕪村遺稿(発句篇)
新花摘・発句篇(発句篇)
新花摘・文章篇(文章篇)
句合類(文章篇)
序跋類(文章篇)
短篇類(文章篇)
短文類(文章篇)
画賛類(文章篇)
雑類(文章篇)
此ほとり(連句篇)
俳諧 ももすもも(連句篇)
実朝の歌
金槐集一私見
吉利支丹文学の思想的背景(解説)
吉利支丹文学成立の地盤(解説)
吉利支丹文学(解説)
こんてむつすむん地(解説)
こんてむつすむん地
神馬
清水の舞台
百年不易満のうた
中世歌謡とその原型
勧進帳
鳴神
毛抜
景清
矢の根
助六

歌舞伎十八番と浮世絵版画
原拠にした台本

帝王物語(本紀)
大臣物語(列伝)
後日物語(二の舞の翁物語)
大鏡断想
大鏡と今昔物語集との関係
好色一代男
好色五人女
西鶴研究に関する思ひ出
「西鶴画像」撮影余談
西鶴とジェームス・ホイト氏
好色一代女
好色盛衰記
西鶴の世界性
弘福寺界隈
日本永代蔵
世間胸算用
西鶴織留
義太夫節の「間」
今の観客から
篁と平中の話
和泉式部の恋愛歌−抒情詩がもつ恋愛の意味−
俳文の一性格
芭蕉紀行略図解説
芭蕉句集について
「芭蕉句集」の完成
狂言の台本
戯れ絵考
むしろ守つて滅びよ
芸の道
鷺流の今昔
狂言と装束
俗に即きて
日本霊異記について
田安宗武の歌
改版にそへて

すべらぎの上第一
すべらぎの中第二
すべらぎの下第三
藤波の上第四
藤波の中第五
藤波の下第六
村上の源氏第七
御子たち第八
昔話第九
打聞第十
今鏡と和田英松先生
学校からのエスケープ
第三部 琴歌譜歌謡集
第四部 その他諸書歌謡集
上代歌謡集の仕事を終へて
上代歌謡集にちなみ
「吉野の鮎」
解説
恨の介
無可有?ク
薄雪物語

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る