老いと死について−法然浄土教の立場からの一試論−
浄土宗保育実践に関する一考察
書評 上田千秋著「仏教福祉学の成立を求めて−仏教福祉(学)の視点から仏教福祉を考える」
浄土宗の教義と社会実践−浄土宗学の立場から−
近代浄土宗僧侶における社会事業−教義的な背景をめぐって−(2)矢吹慶輝
仏教福祉の社会動向
宗教学と宗教間の対話
パイ教授の講義「宗教学と宗教間の対話」にたいする質問と答え
浄土真宗とキリスト教神学の出遇い−第三回ルードルフ・オットー・シンポジオン、その背景と展望−
キリスト教と無の思想
パーソンセンタード・アプローチと「聞法」による究極のめざめ-双方に吾が身をおいて-
真宗カウンセリングと回心-現代「ココロ」の悩みと仏教・仏教文化-
浄土仏教とユング心理学の出会いを求めて-心理臨床の現場を通して-
「仏教福祉」刊行に随喜
浄土宗と仏教社会福祉への一考察
高齢化と仏教福祉
長寿社会と仏教福祉-高齢者援助と終末期医療をめぐって-
高齢者福祉における活動の可能性
法然上人のお心
現代社会に求められる仏教思想
持律と慈善救済
「仏教福祉」への提言
子供の権利擁護ひとすじ、田尻玄龍師-さまざまな困難を乗り越えてきた大長老-
浄土宗と免囚保護事業
法然「女人往生」思想の人権論的考察
こどもの人権と宗教性の陶冶-ゆたかな感性・情操を-
「仏教社会福祉(事業)」研究に関する考察
韓国における仏教的福祉文化のあり方を求めて
仏教福祉における湯布施研究の視点
「喜・捨」ということ
慈悲思想の現代社会的展開−仏教福祉の展開を中心として−
校注和訳「?ェ州忍和上導凡趣聖悟解脱宗修心要論」
名越隆成と隠岐共生学園
小野説愛・河木真静と安房保育園
秦隆真と平安養育院
川添諦信と佐世保養老院
林文雄と四恩学園
新森貫瑞とナーランダ学園
カウンセリングにおける仏教的想念
仏教カウンセリングの立場と課題
存在意識発見カウンセリングの提唱-親鸞カウンセリングの基礎理論-
真宗カウンセリングと高齢化社会-「老い」の意義を考える
念仏者のカウンセリングと終末期ケア
デス・カウンセリングの試み−仏教の社会的実践として−
被災心理と心のケアを考える−震災救済につながる真宗学の可能性 1−
真宗カウンセリングと私
人間尊重の精神とカウンセリング-旭川龍谷高校におけるカウンセリング活動-
仏教カウンセリングと心の癒し
仏教者のターミナル・ケアについて
親鸞における対面的人間関係−相談伝道の視座から−
念仏体験に関する諸問題
人間中心アプローチと蓮如の無我観-真宗法座における今日的課題をめぐって-
聞法コミュニケーションとしての真宗座法の一考察
若き求道者の手記
死の宣告をうけて
私の越えて来た道
「四国へんろ日記」抄
地涌の生活
「阿弥陀経」法話
「教行信証」法話
「尊号真像銘文」法話 1,2
濁世の目足 還暦記念講演
「執持鈔」法話 1,2
「正信偈」法話 1,2
報恩の一意義
念死念仏
浄土宗安心について
速やかに救はるるすがた
値遇仏
灯火に祖意を拝す
勢観上人を鑚仰して
鎮西上人御法語講讃
渡辺海旭と仏教徒社会事業研究会
椎尾弁匡と慈友会
矢吹慶輝と三輪学院
松浦春濤・長谷川順孝と大阪四恩報答会
後藤亮穏と四日市仏教保育院
田尻龍道と高津学園
中西雄洞と浄土宗労働共済会
長谷川良信とマハヤナ学園
塩竃義詮と知恩院社会課
横内浄音と上田明照会
末とおりたる慈悲
大悲弘く普く化す
煩悩具足の凡夫
本願の世界
二種の廻向
智慧と方便
大悲の呼びかけ
念仏の意義
密教への誘い



本願
信と行
念仏の集ひ
社会生活
女性
家庭生活

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る