選取法然選捨聖徳太子−私にとっての真宗と反戦−
悲願の船
修道院建設に挺身する
京都修道院を法灯の場としよう
殴る者によって実証される信念
仏は肥え給う
有無相通

聞法について
信仰は人間の発起にあらず
帰命のこころ
国土は荘厳されてある
山中浄土観−日本人の宗教意識をよみとく鍵−
現生正定聚の思想から現代の課題にこたえる
現代と救い
親鸞聖人の往生浄土の思想−生と死を超えた世界へ往く−
キリスト教における「神の国」の思想−来たりつつあるものとしての
親鸞聖人の浄土観−二つの側面−
神の国が指向するもの
親鸞聖人の浄土的世界観
時の流れを超える
阿弥陀仏と浄土の起源
現代における如来と浄土の意味−知的な見方と情的な見方−
親鸞聖人の仏身仏土観−「真仏土観」を中心に−
六字名号の特性−インドにおける阿弥陀仏像から−
浄土は真如法性・一味平等なる世界
『観経』真身観の阿弥陀仏
雑記
真実なる言葉「南無阿弥陀仏」
どん底の召喚
個性の宗教
唯一仏名を専念せん
祖聖と往けば
自分たちの事業
宗教人
扉は放つたれたり
「人」清沢満之先生
改造の真理
愛か征服か
心仏及衆生是三無差別
聞其名号
南無阿弥陀仏のすがた
「教行信証」の核心
衆生自覚に光あり
信に教学なし
生活日抄 昭和4〜7年
深広無涯底
報恩生活の意義
仏の考察
「阿弥陀経」に因縁して
至心帰命不可思議尊
徹底せる私的生活

高光大船 その生涯と思想 上下
明朗なる不可思議界
帰依三宝
執事名号のこころ
利益功徳を論ず
無善造悪なればこそ救わる
生活日抄 昭和8〜19年
日月闇を晴らさんと欲せざれども闇自ら晴る
生死を超える者 娘たちに与う
願いの中の私
本当の出会い
病床からの文−歌に托して−
自然の道理
如来さまよりお念仏をいただいた
蓮如上人とお歌
なぜいま念仏か−呪縛からの解放を求めて−
母に導かれて
浄土真宗の弱点
親鸞の願い
社会と宗教
只今布教の勉強中
浄土真宗と倫理
共感の誓願
都市寺院の現況
歎異抄と私
六字釈の一考察−南無を中心として−
往生浄土の意義について
私が私となって蘇っていく世界
「葬儀」が「仏事」になるために
法蔵菩薩の眼
生命の視点
「非僧非俗」ということ
仏事について思うこと
吉良日を視ることを得ざれ
一冊の本
師に出あって
真宗の僧侶はいかにあるべきか
聖なる情熱に感銘を受けて
世の中安穏なれ、仏法ひろまれ
よろこびのなかのよろこび
心に光を
千五百円の極楽−生きる方向−
心を安んずるに、これより、ところあることなし
善知識を訪ねて
病床での法悦
蓮如さまのものの見方、味わい方
法蔵の叫び−越後のご門徒−

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る