死において生を見るとき
私の聞法道場
行先不明の地に向かう
人間はプロパンガスのボンベ
無駄なき人生
悪人正機
摂取不捨
如来、見返りたもう
願に生きる
安受苦忍
真実のすくい
鬼の耳への音
不問境遇
年をとるということ
親の発見
自分を知る
一大事
入信の範
ねざめのほととぎす
わが人生に代理人なし
仏道の精神
お祖母さんのことば
今を生きる
本当の幸せとは
聞くということ
命恵まれて
病苦を越える道
大聖世尊
田んぼの下のたから持ちとくノ一
対話のない時代に
泥沼の蓮−他力の信−
供養に思うこと

出会い
白道
いのちの交感
仏法は聞くことが大事
悲願は磁石の如し
父の残してくれたもの
衆生病む、故に我病む
積極性と社会性
形而上学的独断を越えて
聞の世界
念仏への道
見える目
Uターン
照らしぬかれて
たしかなる道しるべ
白道−願往生心−
内心外道
亭主の浮気のなおし方
生きる
足下をみる
智慧の光明はかりなし
仏の願い
おやすさん
信心と社会的実践
死を生きる
御同朋御同行
子どもの育ち
出合い
正装をぬぎて
御恩を知るくらし
どんころ
お墓は迷える私を写す鏡
地獄極楽用事なし
一銭の価値
阿弥陀仏の救いを聞く
父の墓参
回復すべき念仏者の生き方
み親のいのち・わたしの命
法事の意義
み仏を親しく仰ぐお念仏
散る掃く散る
胸を張って生きる
仏さまを待たせつづけている私
おばあさんの眼
平和な家庭生活
聞くということ
遠く宿縁を慶べ
仏の世界に心を樹てる
おかげさまの生活を
念仏の中の生活
死なんずるやらんと・・・
必ず一着になる方法
如実の聞とは
戒定慧の三学と六波羅蜜
み教えにつつまれて
梵鐘
老いの坂を転がりつつ
ただ一言、南無阿弥陀仏
報謝とは
真の祖先供養とは
宿業−私のいのち−
私一人と衆生と
遊戯地の人生を願う
愚かな私の安なぎ
神足通の願
念仏者木村無相さん
ケンド如来

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る