親鸞への回帰−真人社運動から同朋の会運動へ−
本願寺と現代ラディカリズム−永続的変革者の視座としての業火−
親鸞と現代
本願寺年表
妙安寺系図
弔辞
南都浄土教と良忠上人の教学 -とくに良遍との関係を中心として-
善導大師と良忠上人 -念仏三昧の解釈を中心として-
良忠上人の懐感観
良忠上人門下の一念・多念業成論
良忠上人著「看病用心鈔」について
良忠上人と「末代念仏授手印」 -伝承本と袖書を中心として-
良忠上人述「浄土宗要集」の成立をめぐる諸問題 2 -西山義との対論-
良忠上人の「往生要集義記」について -とくに対澄憲法印をめぐって-
入院得度上人位諸願書之案
事務綱要 上下
官務記事
古伝 親鸞の和歌
古浄瑠璃「しんらん記」成立功
親鸞聖人の出家得度時の詠歌
親鸞聖人伝の研究 1−親鸞文学年表稿(近代編)−
翻刻 仮名草子「親鸞上人記」
妙好人と「妙好人伝」
「妙好人伝」の出版とその問題 1
妙好人清九郎伝の問題−初編「妙好人伝」を中心として−
妙好人清九郎伝の変質
乙女文楽の研究
竹本義太夫受領考
説教者の蝉丸信仰とその芸能形態とに関する一考察
赤尾道宗と蓮如上人
菅生の願正考
蓮如上人と継母如円尼
教行寺実誓影像とその周辺
民俗からみた蓮如上人
「講」の機能と村落社会構造−北陸地方を中心として
本願寺顕如筆「讃頭」関係文書考−衛禄・天正期年中行事
教団確立の基礎−蓮如上人の位置づけ
北陸の真宗寺院本堂の空間構成とその特色
蓮如上人と毛坊主
良忠上人の依用文献について
良忠上人の著作
良忠上人略年譜
良忠上人関係著書論文目録
宗義校合の事蹟
良忠上人と高徳院
「良忠上人研究」に寄せて
景仰の鑑・良忠上人
記主教学の特色について
良忠上人の浄土教学における念仏と諸行-特に法然上人門下と良忠上人-
鎌倉仏教界における良忠上人の位置
聖光上人と良忠上人
良忠教学と浄土教の論理
良忠上人における念仏三昧の思想-「三縁」等の問題を中心として-
良忠上人における「浄仏国土」の思想-百科全書的思想とその特徴-
良忠上人の念声是一論-とくに念と声との関わりについて-
良忠上人の九品観
良遍と良忠上人
佐々木の如光
金森の道西
堅田の法住
如勝尼
見玉尼
赤尾の道宗
遊女哥川と蓮如忌
蓮如紀行
今、蓮如上人なら
いのちのよりどころにめざめる道
「御文」との出合い
蓮如上人教学の根本義
蓮如上人の他力論
蓮如上人と安心決定鈔
蓮如上人と諸宗教
蓮如上人和歌集の考証
蓮師の「御文」における敬語の接頭語「御」について
乱世における信濃善光寺と善光寺信仰
蓮如上人と近江-特に堅田門徒と東近江衆について
蓮如上人と丹波真宗寺院
四国地方における真宗教団の成立と発展
西中国地方における真宗の発展過程
蓮如上人と加賀・能登−関係資料と寺院由緒
蓮如上人と庭園
蓮如上人と一向衆
蓮如上人と現代-仏教の再生を目指して-
蓮如上人に学ぶ-「歎異抄」と「御文章」-
蓮如上人の本願観
蓮如上人の救済観
蓮如上人の和歌-羇旅・四季歌を中心に
本願寺報恩講確立と蓮如の宗教活動-文明12年報恩講の歴史的意義-
私の歴史観-生物の世界と人間の世界-
御加え「御文章」版本の変遷について-主として鳥栖・基山地区の採録から
蓮如教学への研究視座-「たすけたまへとたのむ」を中心として-
蓮如上人の教学とその歴史「教行信証」信文類と「御文章」-九州龍谷短期大学公開講座 第4回-
THE IMPLICATIONS OF THEMANICHEAN
蓮如上人と法敬坊順誓
蓮如上人と金森の善従(道西)
蓮如上人と赤尾の道宗
蓮如上人の敬意と共感
アニメ映画「蓮如物語」見どころ
死から詩をいただく
愛する人との別れ

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る