女性が救われていく道
蓮如アートに沸く現代日本
歴史の潮境の時代
親鸞さまに帰る「御文」
冥加を知る「蓮如上人御一代聞書」
心の軌跡−松涛画伯・表紙絵によせて−
御文が語る蓮如の思想
蓮如の時代
蓮如の生涯
御文の世界
蓮如の言葉
蓮如における妙好人論
蓮如伝説
蓮如事典
人と思想
水際の上人
信の世界
蓮如の女性観・家族観
蓮如、その伝道のすがた
蓮如の仏教
信心と組織のはざまで
蓮如上人の信心
本地垂迹説と真宗信仰
民俗社会に生きる“蓮如さん”
親鸞のめがねを通して見た蓮如
攻めの蓮如と守りの蓮如
蓮如の限界と可能性-シンポジウム-
蓮如の限界と可能性-シンポジウム-
蓮如の限界と可能性-シンポジウム-
蓮如の限界と可能性-シンポジウム-
実践の人・蓮如
「御文章」にみる各論研究-特に、真仮論、教判論、救済論について-
大坂建立の章-四帖目第十五通について-
「教行信証」と「御文章」との一視点-特にその文章表現について-
「教行信証」信文類と「御文章」-特に五帖目第五通につきて-
室町という舞台装置−蓮如が生きた時代−
蓮如の伝道と教義
蓮如語録に聞く
蓮如上人と『御文章』
蓮如と女人往生
現代に生きる蓮如−蓮如と北陸−
本願寺略系図・蓮如の家族
蓮如関係略年表
倉田百三と親鸞
倉田百三−人間親鸞の発見者
愛と信、そして智
「出家とその弟子」
善導大師の伝記と其時代
善導大師と安心起行
善導大師の著書より見たる教系
鎮西国師に就て
勢観上人に就て
記主禅師に就て
一心専念
法然と親鸞
法然上人を憶う
小説「法然」
現代と法然
天台宗から見た法然上人
幼き日の勢至丸<幼年期>
真言宗より見た法然上人の念仏三昧
禅と法然の浄土教
日蓮宗よりみた法然上人
苦悶・求道の日々<青年期>
阿弥陀仏の聖意を中心とし給う<壮年期>
浄土に還える<晩年期>
Sさんへの手紙−蓮如の信心の枠組について−
蓮如一流の御勧化のおもむき−『白骨の御文章』−
福沢諭吉と蓮如
もう一つの「往生」
周辺から
蓮如は親鸞を継承したのか
蓮如と天皇制
信の構造と実践の関係−五木寛之著『蓮如』を読んで−
「真宗相伝義書」批判−本地垂迹説の問題を中心に−
親鸞と蓮如
蓮如の「信」、本願寺一流の、その差別性を問う
なぜ蓮如は鑚仰されるのか
私の蓮如論−ワークショップとしての蓮如法要−
蓮如理解の方法
蓮如教学を問う
蓮如の「信心」の構造
「上人」考
社会の質と宗教の質
非僧非俗(僧にあらず俗にあらず)−親鸞と蓮如−
物種吉兵衛
自己自身を「変革」し、「変えていく人」になって、と本願寺のいう
蓮如の真宗−親鸞からの退行
「世間通途」の今日的状況
空威張り堂々・差別真宗の再登板−大村英昭センセーをわらう−
門徒としてもの申す
すべての蓮如肯定論は無意味である
生ける魚は水流に逆らいて游ぎ、死せる魚は水流とともに流る
資源の無駄づかい−病膏肓の『蓮如への誤解の誤解』−
いま一つの「真俗二諦」批判によせて
親鸞から蓮如へ
蓮如の生涯
『選択集』講義
法然の廻心について
十三世紀の思想

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る