発願文のこころ
この世で受けるめぐみ
信仰のよろこび
善導大師の生涯
贈正四位月性上人年譜
月性と真宗教団
教育者としての月性
月性と秋良敦之助
月性と吉田松陰
詩人としての月性
善導大師の霊夢
「私の中なる善導大師」とは?
一と虚仮
善導大師の世界主義と現代
私の中の善導大師−信仰のロゴスとパトス−
善導大師のこころ−懺悔の仏教−
私の中の善導大師
善導大師の行徳とみ教
動乱をこえて決定へ
聖願との出会い
善導大師と私
無常の自覚
晨朝無常に支えられて
半金色の聖者
私の中の善導大師
弥陀を身近に−善導大師の本願念仏−
善導大師と現代中国
涅槃盛事
法然浄土教の特質
法然上人の宗教体験
法然上人における本覚思想
平安時代の浄土教信仰と法然上人
法然の専修念仏義成立の波紋
鎌倉仏教における慈悲行と法然の立場
教団の発展と祖師像−特に足なかの御影について
室町時代における貴族の浄土教信仰
求道の遍歴−若き法然の苦悩−
法然の教えと人生
法然のことば
法然に求めた現代青年の志向
文学にあらわれた法然
求道青年法然房源空
親鸞との出会い
現代と親鸞
釈尊と親鸞
『歎異抄』の背景
『教行信証』の思想
私にとっての親鸞
大行弁岐
人間としての親鸞
親鸞の救いの論理−親鸞と日蓮
親鸞の罪意識
『教行信証』を読む その序
観経疏のこころ
行儀分のこころ
善導大師と仏教文化
帰依のこころ
懺悔のこころ
法然上人の教判の基本的性格とそれを成り立たせるもの
法然上人の批判的精神
法然上人における浄土三部経 1
法然上人の無量寿経観
法然上人の釈尊観
法然仏教における一、二の問題
『私聚百因縁集』研究
法然上人の南都遊学
法然教学における廃立の構造
聖光上人の見た法然上人
法然上人の御法語に関する一考察
立教開宗の思想史的意義
立教開宗と持戒問題
法然上人の浄土開宗年時と其の典拠
浄土宗の成立過程
法然浄土教における三心具足の過程について
法然上人の菩提心と慈悲観
異類助成攷−『選択集』第四・三輩章を中心として
法然における懺悔と滅罪
法然上人の経典観
法然上人と『観経疏』
法然上人と『法事讃』
法然上人と『往生礼讃』
法然上人と『観念法門』
法然上人の人間観
聖と俗
親鸞における念仏と信心
法然門下における念仏と諸行の扱い
親鸞における「行」の研究
法然の仏土観
親鸞書簡にあらわれた法然上人
法然における罪悪の問題
法然上人の末法観
法然とその門下研究著書・雑誌論文目録
空善記
蓮淳記
実悟旧記
実悟記
本願寺作法之次第 付山科御坊事並其時代之事
昔物語記
栄玄記
系図

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る