浄土真宗の伝播と近世村落の成立について
佐渡金銀山と真宗門徒
大谷派三条別院の成立とその背景−願生寺事件と仏光寺派転派問題−
北陸門徒農民の関東移住
越州の地下水となった念仏−親鸞と良寛−
阿弥陀の山、弥彦の廃仏毀釈と真宗信仰
維新期の中越真宗教団−廃仏毀釈から靖国まで−
越佐における真宗の学匠
曽我量深先生、人と業績−時期を画する人−
金子大栄先生、人と業績−越後が生んだ聞思の人−
真宗と新潟県下の「部落」問題
真宗宗教社会史序説
近世真宗の構成と特質
両替商神田寿海の家系と信仰
神道をめぐる近世儒仏の対論−慈雲の神道思想を介して−
慈雲「十善戒」の歴史的役割
近世庶民仏教の世界−鈴木正三・慈雲飲光・妙好人−
近世の儒教思想と仏教
近世の排仏思想
近世の護法思想と庶民教化
近世仏教の四民論−とくに商人教化の意味について−
近代における浄土観の推移
近代真宗の神祇問題
近代真宗二諦論の実態
佐田介石の仏教経済論−近代における封建仏教の倒錯−
明治期真宗の海外伝道
「精神界」をめぐる人々−その世俗的対応の思考形態−
近代真宗大谷派の歴程
兎の挽歌
真宗大谷派の近代八十年通史
近代仏教における倫理観の形成−明治中期を対象として−
近代仏教における社会道徳観の成立−明治後期以後を対象として−
雲照「十善戒」における国家主義の性格
近代仏教史学の成立とその課題
「妙好人伝」(初編)の信仰内容と性格
両替商神田寿海の家系と信仰
神道をめぐる近世儒仏の対論−慈雲の神道思想を介して−
慈雲「十善戒」の歴史的役割
近世庶民仏教の世界−鈴木正三・慈雲飲光・妙好人−
近世の儒教思想と仏教
近世の排仏思想
近世の護法思想と庶民教化
近世仏教の四民論−とくに商人教化の意味について−
江戸期民衆と仏教の普及
近世真宗教団定立の実態
近世初期真宗教団の再編成−御坊建立の意味−
近世真宗教団の構造
近世真宗における神祇への対応
親鸞聖人御消息集
近世真宗の現世利益思想
近世真宗における往生観の構造
真宗における異安心の問題
近世真宗遺跡巡拝の性格
浅井了意の教化思想
妙好人言行録について
「妙好人伝」(初篇)の信仰内容と性格
中世真宗における神祇観の推移−談義本を中心に−
中世真宗「善知識」の性格−教団構造把握への示唆として−
中世真宗「善知識」の性格−教団構造把握への示唆として−
中世仏教の地域発展−近江湖北について−
湖北における真宗の発展−時宗との交渉を通じて−
正像末和讃
親鸞消息抽出
中世仏教の地域発展−近江湖北について−
湖北における真宗の発展−時宗との交渉を通じて−
江戸期民衆と仏教の普及
近世真宗教団定立の実態
近世初期真宗教団の再編成−御坊建立の意味−
近世真宗教団の構造
堅田大責と坂本の馬借
近世真宗における神祇への対応
近世真宗の現世利益思想
近世真宗における往生観の構造
真宗における異安心の問題
近世真宗遺跡巡拝の性格
浅井了意の教化思想
妙好人言行録について
鎌倉幕府と妙見信仰−鎌倉幕府で行われた尊星王法について−
「円覚寺文書」に見る中世の円覚寺経済
旧建長寺末寺考 2−福島県いわき市−
建長開山忌出頭日記
善導大師真影略縁起
建長寺近世史料 10
蝦夷国泰寺史料の諸相 7
神奈川の窓 14−「地方史研究」から−
親鸞における末法観の構造
親鸞における神祇観の構造
親鸞における社会観の構造
親鸞における太子観の構造
親鸞における末法観の構造
親鸞における神祇観の構造
「正像末和讃」の考察
親鸞における社会観の構造
親鸞消息の研究
親鸞における太子観の構造
送り火
「正像末和讃」の考察
「自然法爾章」の性格
親鸞消息の研究
「自然法爾章」の性格

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る