久宝寺寺内町と河内門徒
雑賀一揆と根来衆
古代・中世の悲田院をめぐって
室町期加州における一在京領主について
荘厳講と白山修験道
暦道賀茂家断絶の事
初期法華一揆の戦闘分析
天正十二年の羽柴秀吉検地
顕密仏教における歴史意識
近代真宗教団の社会的動向
真宗の朝鮮布教
部落問題における真宗の課題
強制隔離−「らい」と本願寺教団
真宗門徒の信仰と倫理
薩摩藩における禁教の背景
禁教下の薩摩門徒
霧島周辺の仏教美術
三経義疏の撰号
講社の変遷
浄土真宗における講の源流と性格
教如・淮如宗主まで
本如宗主まで
広如宗主以降
講の現況と展望
真宗信仰の変化と社会的性格の変化
中世真宗「善知識」の性格
鎌倉時代東国の真宗門徒
本願寺の御影崇敬と霊場説
高田専修寺真慧と本願寺蓮如
戦国期本願寺坊主衆組織の一形態
本願寺懇志請取状の成立と展開
能登本願寺教団の展開
本願寺の茶湯
三河本願寺教団の復興と教如の動向
かくれ門徒の意識構造
真宗教団における改宗寺院の形態
「蓮茎一糸」考
絵伝に画かれた幼少時代の親鸞
近・現代真宗史研究の一方法について
『参州一向宗乱記』と類書に関する覚書
維摩経の浄土思想序説
王朝貴族の出家入道
運命と往生
日蓮筆「神国王書」断章取義
信濃真宗寺院成立の系譜
本徳寺をめぐる二、三の問題
高田専修寺における聖教伝持上の一、二の問題
島地黙雷の教導職制批判について
初期「妙好人伝」編纂の歴史的背景について
真宗における往生信仰と歴史との関係についての仮説
親鸞の奏状と教行信証の成立
唯善事件の波紋−善鸞と唯円について−
本願寺歴代門主の消息
現世利益と親鸞
阿弥陀仏の異形像について
親鸞聖人内室私考
真宗の思想史的性格
ある辻本の記録
島津一門の真宗
親鸞聖人の法華対弁について−出世本懐論を中心として−
巣鴨監獄教誨師事件
カヤカベの系譜
カヤカベの現況
御状を通してみたカヤカベ教団の組織
カヤカベ村の構造
カヤカベ村落住民の宗教意識
カヤカベの宗教学的考察
カヤカベ類似の宗教
明治後期の思想と真宗
近代的教育機構の整備
真宗と社会運動及び社会事業
大戦の終結と真宗教団の再編
真宗史研究のあゆみ
中世社会の形成
鎌倉仏教の課題
浄土教の展開
念仏への帰依
親鸞と東国
親鸞の教説
念仏の発展と弾圧
宮崎円遵博士年譜・著作目録
『愚管抄』の再検討−源空伝史料として−
六条寺内版に就いて
光明本尊の発生と衰廃
中世鉱業と太子信仰
浄土真宗における信仰告白文の成立
一向一揆
近世における真宗の世俗倫理思想
諸神本懐集の成立
本願寺教団における本末制度解体の背景
光明本尊の成立と伝来
蓮如の吉崎進出の経緯
覚信尼の寄進
本願寺旧蔵の白天目について
戒律思想の民間受容
存如蓮如の布教
室町戦国期の教団の発展
専修寺教団の確立
真宗の発展と一揆の必然性
一向一揆の発生

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る