幕府・守護と一向衆
戦国大名の成長と一向一揆
石山合戦
真宗教団の構造
本願寺の統制組織
教団の経済的基盤
東西本願寺の分裂
宗教統制と真宗諸派
寺院本末制度の確立
幕藩制崩壊期における諸派の動向
寺院分布と講
寺檀関係の諸相と機能
真宗と村落生活
百姓一揆と真宗の役割
民間信仰と真宗
正信偈綱要
学事組織とその性質
近世思想における排仏論
異安心と妙好人
真宗の耶蘇教批判
神仏分離・排仏棄釈と真宗
明治諸年の宗教一揆
大教宣布と政教分離運動
明治前期の思想と真宗教説
真宗とキリスト教との交渉
教団機構の変革
辺地開教と海外布教
遊歴雑記
知心修要記
念仏往生綱要
三心料簡義
他阿弥陀仏同行用心大綱註
條々行儀法則
蔡州和伝要
他阿上人法語
二祖他阿上人法語重校決疑録
仏心解
器朴論
器朴論要解
器朴論考録
教行信証の成立
親鸞の寿像「鏡御影」私考
大小一揆論
本泉寺蓮悟について−亨禄の錯乱を中心に−
東北大名と一向衆
石山戦争における紀州一揆の性格
飛騨の毛坊主−近世の白川郷における照蓮寺末寺道場の社会的存在形態
嶋地黙雷の宗教自由論の前提と大教院分離運動
金沢御堂の創草について
戦後における浄土宗史の研究
親鸞をめぐる諸問題
中世末期本願寺と一向一揆
近世近代真宗史研究の問題点
帰洛後の親鸞
親鸞死後の東国教団
本願寺の成立
覚如と存覚の義絶
真宗諸派の成立
室町初期における真宗の発展
空海の御影とその儀礼環境−中世密教の視覚性と正当性の関連について−
穢と不浄をめぐる神と仏
覚如と呪術信仰−治病と臨終に対する姿勢をめぐって
真宗三尊考
建永の法難と九条兼実−法然伝の検討を通して
親鸞の「転入」の解釈学(要旨)
悲しき学び
親鸞と良忠−その教化と教説
法然の残影−覚如と存覚のあいだに−
「教行信証」の不思議さの読解 1−「化身土」の「弁正論」の引用について
親鸞の聖徳太子観
「二河白道の譬喩」伝播の鳥瞰的考察
田辺元の「懺悔道としての哲学」における親鸞解釈
恵信尼と同時代を生きた三善氏
「本願寺」成立の再考
真宗史にお善鸞伝私考
初期真宗門徒における師と弟子−門徒形成の契機として
親鸞門弟中における「沙門」と「沙弥」
仏光寺発展の意義−了源・存覚を中心として−
本願寺歴代宗主の伝道−善如期から存如期を中心にして
一遍聖絵
一遍上人絵詞伝直談鈔
一遍上人誓願文標指鈔
神偈讃嘆念仏要義鈔
神偈撮要抄
神敕教導要法集
別願和讃直談鈔
一遍上人別願和讃新註
防非鈔
一遍上人念仏安心抄
時宗安心大要
時宗要義集
時宗統要篇
一遍上人語録
越前国、赤坂新善光寺について
富山藩合寺と林太仲
第一次世界大戦後の僧侶参政権運動
法悦の山里−氷見市論田の仏教信仰−
東大寺「桑原荘券」の研究
佐渡鋳造の金銀貨、とくに印銀通用について
富山県近現代史上の滑川

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る