大行論の研究
親鸞と念仏弾圧
「賢愚経」における「梵天勧請」-仏教伝道の契機として
親鸞の仏性思想についての一考察
真宗における神祇不祥と法主制について
ビハーラ活動の課題
『大宝積経』「三津儀会」にみられる在家菩薩の行法−『郁伽長者所問経』との比較を通して−
『浄土真宗総合研究』創刊にあたって
現代と浄土真宗−「伝道」の視点から−
現生十益の研究−念仏者の実践の基底を課題として−
曇鸞教学における二種回向論−回向の成立根拠としての浄土−
真宗と民俗儀礼
初期本願寺における法要儀礼
念仏成仏是れ真宗
真宗教義と儀礼
現代における「いのち」の問題
真宗信心の本質と社会性-如来・浄土・往生を中心に-
蓮如上人に学ぶ-「歎異抄」と「御文章」-
本照寺「秋講」をめぐって−近世本願寺教団における「差別の論理」を探るノート−
蓮如と存覚-「御文章」における存覚撰述の依用について−
中世後期における高田門徒と本願寺門徒−真慧と蓮如の時代−
仏教における業の意義
業報論の超越
五悪段の研究
「法華経」-普賢菩薩勧発品-における業と差別の問題
浄土真宗と社会実践
「穢寺帳」ノート
近世本願寺教団と被差別部落の信仰
浄土真宗本願寺派における業・宿業問題への取組みと課題
解放の主体となる「業」理解とは
差別問題と業について
親鸞聖人の信心構造と業・宿業
浄土真宗の阿弥陀仏論研究ノート
親鸞聖人の一乗解釈
招魂−靖国問題の一面−
「ふつと」考
GRIMM'S FAIRY TALES
現代における非合理性の復権と家族の宗教観
論註本文考−本文の字と反切との斉合性
自我意識の問題を巡って-TPSにおけるアートマン説批判(VI)-(6)として-
時宗に於ける帰命戒の成立とその意義−特にその儀礼論的意義について
仏教における二諦説−真宗の真俗二諦説との同異をめぐって−
「如来とひとし」について-特に「末灯鈔」第三通の解釈をめぐって−
親鸞の用いた反切(2)
おかげの構造
真宗カトリシズムによる蓮如の可能性
儀礼にみる宗教的感性
儀礼論序説
仏事法要時代の到来
なぜ、今、儀礼か-新たな儀礼論の構築に向けて-
なぜ、今、儀礼か-新たな儀礼論の構築に向けて-
なぜ、今、儀礼か-新たな儀礼論の構築に向けて-
門信徒の宗教性とその規定要因
宗門をめぐる習俗・儀礼の諸問題
わが宗門と儀礼
御廟決
中国仏教史蹟踏査印象記 正続
親鸞は弟子一人ももたずそうろう
「十住毘婆沙論」・「易行品」における称名思想
三尊形式の聖徳太子像
仏教とらい(ハンセン病) 下-上−特に仏教経典に出ずる癩について−
親鸞の仏教史観
「選択」立宗の意義
クメール王国略史 上,
新知見親鸞聖人康永本系三幅絵伝考
心すでに浄土に居す-親鸞における「浄土往生」の意味-
還相回向の課題−特に、「還相の利益は利他の正意を顕すなり」の確認を通して−
楊仁山の日本浄土教批判-特に「評選択本願念仏集」を中心として-
インド思想の宗教的目標に関する考察−SAMKHYA思想の主宰神観を例にした一視点−
「無量寿経」における一、二の問題-「如来浄土の果-略説」を中心に
仏教は平和を以て行はる
三徳之弁
心識所在の説
釈門警誡
法華経題名講義
唯識大意講義
原人論講義
浄土の証
曇鸞大師生卒年新考〜道宣律師の遊方を手がかりに
中世真宗における王法と仏法
十七願観の研究
親鸞聖人における太子信仰形成の典拠について
聖徳太子における一大乗仏教とその実践
浄土教における死の受容と超越 デス・エデュケーションの立場から
仏教と民族宗教−靖国神社公式参拝の問題点−
「真宗と神祇」論 上下
浄土真宗とは何か−私の真宗観
宗教と差別-清沢満之の「平等観」を中心として-
儀式と教化
自然法爾と心理療法
解放の真宗の前提
福祉と宗教についての考察
BHAGAVAD-GITAにみる戦争遂行の論理
真宗と平和−本願文に学ぶ非戦の原理−
教化の視点から問いかえす真宗のうけとめ方−真宗教化学の基本的課題に関する一覚え書き−
現代と真宗教学
教化学は今-教化学への提言-
真宗聖教の現代語訳私見−特に御本書のそれについて−
慈悲と満足-生老病死の苦悩救済の二つの視点-
「還相回向」考察の基座-常没の凡愚・流転の群生-

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る