研究ノート 回心についての一視点−布教伝道の立場より−
元和元年の寺院法度について−西・鎮の比較−(発表梗概)
光明寺伝来の松風(発表梗概)
資料 仏教と心理学・心理療法に関する著作リスト
證空と親鸞における比較思想論的研究 1,−自然理解について−
西山上人の空号及び房号表記の一考察
光明寺文書類群の翻刻状況
指方立相についての一考察
現代における仏教の意義
「安心決定鈔」の思想
源頼朝の庶子・貞暁、以仁王の遺児・道尊と勝尾寺の法然−禿庵文庫本「選択本願念仏集」の由来−
親鸞と長子範意の出家の猶父
親鸞と商人
法然上人生誕の意義
当麻曼陀羅における図像と注釈書の比較研究
「述誠」の諸本とその系統−真浄院蔵文亀2年写本を中心として−
李朝の廃仏毀釈についての素描
仁空実導「観経疏弘深抄」における浄土教思想について
仁空実導「観経疏弘深抄」における浄土教思想について
証空上人の行為論についての一考察
「西方四十八願所縁起」について
安養寺過去帳記載上の問題点
「新物故集要或問」に見る葬送法儀 1
資料 岡崎真浄院蔵「述誠」影印并翻刻
仏教カウンセリングに関する一考察
・・・思いつくまゝに・・・−京都の地に西山曼陀羅事相の教旨を弘伝された先駆者である妙諌とその系譜につらなる融国−
浄土教における善の課題
法然が観経疏を三回読んで初めて往生可能と泣いた訳
法然の夢に由来する法名「親鸞」−夢には夢を−
西山教義と市民社会の理念
研究ノート 西山における「個」の変革の可能性
西山派の歴史を考える−その衰退の原因をめぐって−
証空・親鸞・蓮胤(鴨長明)の関係
生命の問題と浄土教-比較思想的視点からの試論-
ラーマクリシュナのバクティ信仰と念仏信仰の相似性についての一考察
禅勝房の阿号と著作-真宗高田派・鎮西名越派の伝承と「黒谷上人語灯録」
曼荼羅五事の法門
福岡筑前地方の西山教団史考察(序)
光明寺の鳴り物
豊前における西山派-戦国期を中心に-
選択集あれこれ考-特に勅伝の記事を中心として-
検証・「慶長宗論」と正覚寺
「論義鈔」について−岐阜世保・清閑寺蔵龍空義道上人書写「六巻本論義鈔」に関連して−
隆寛と証空
法蔵菩薩誓願の一考察
過去帳を観察する
「異類の助成」をめぐる諸問題
「選択集」の論理性
往生院本「選択集」の由来
融国正孝の仏陀寺再建について
西山義の他力の領解について−宗教心理学における回心との関連−
「如法念仏」における伝承音の一考察 1,2,
翻刻「光明寺雑記」 付解題
末代念仏授手印と一枚起請文添書の「邪義」をめぐって
初期豊前西山派について
法興浄音の阿弥陀仏観
大念処経
法然上人の念仏信仰における実践的諸相とその本源にあるもの
十如是義私記
西山上人の一考察-證空浄土教の性格について-
西山浄土宗における別口伝-次第編成の特徴を中心にして-
住蓮房と安楽房の処刑地に関する一考察
別時意会通における一考察
九条家をめぐる宗教家たち-「比良山古人霊託」を中心に-
浄土宗・西山流六時礼讃の実唱上の課題 2
高齢者における樹木画と宗教観について-曼荼羅との関係の一考察-
西山流大年表-寛正元年(1460)より永禄2年(1559)に至る百年間-
戦国期・西山深草義教団の動向について 2-大永2年の誓願寺寺務職をめぐる諍論から-
「選択集」流伝史概観
「粟生光明寺絵縁起」三巻を巡る若干の考察
朝鮮仏教の中の新羅仏教の位置
證空の阿弥陀仏観
熊谷蓮生法師の出家と信仰に関する一考察
「選択密要決」の諸問題
浄土教的法悦の一考察
「選択集」の附属について
「選択集」と「唯信鈔」の関係
禅宗長福寺の古文書に見える西山派僧
「選択集」における菩提心説-その形成を中心として-
満性寺蔵西山派関係聖教について
家族の問題
楊谷寺本仮名書観門義について
脳死判定による臓器移植の倫理・宗教観への態度変容-役割演技を通して
菩提集
證空上人と当麻曼荼羅
初期證空教団における「結衆」の特質-大念寺阿弥陀如来像像内納入品資料の分析を中心として-
立信上人が「深草抄」に語る證空上人像
浄土宗西山流における円頓戒の特徴-「永徳記」と「天台菩薩戒義記補接鈔」との比較を中心に-
「他筆鈔」の原点研究-藤沢市遊行寺蔵本について-
伝證空撰「当麻曼荼羅記録」の研究
証空が印行した選択集の復元
智通述「観経口筆鈔」の研究
尾道をめぐる人師
近世における西山禅林寺派の動向-「京都永観堂禅林寺文書」から-
証空は源通親の実子
本山義教団成立についての一考察-鉢福・浄満寺考-
選択集撰述の場における三人の門弟
白隠禅師と俊鳳妙瑞上人-安心ほこりたゝき-
勝尾寺における法然と門弟たち-安心派の起源-
明恵上人と「夢記」に表される法然上人

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る