託何教学における出世本懐論
一遍聖の自然観
『一遍聖絵』歓喜光寺本と御影堂本との絵の相違点
賞山著『一遍上人絵詞伝直談鈔』訓読 1〜3
既刊近世遊行送迎史料解説 1,
時宗文化財調査報告<書跡の部>
法語にみる法然・証空・一遍の承継関係から一遍独自の法語におよぶ
一向に関する考察
託何教学に於ける衆生観 1,2
「尊任上人旅日記」と遊行回国
一遍聖絵 修理後の翻刻(巻第四〜巻六)
時宗 社会福祉事業・活動に関するアンケート調査 集計報告 1,2
時宗一向派第四十五世同亜作一向上人行状和讃について
先師を偲ぶ癒しの踊り
時宗文化財調査報告(大阪府・和歌山県・兵庫県)
藤沢山遊行寺史料目録 五(昭和史料 1)
THE GREAT EARTH NEMBUTSU
一遍・その生涯
遊行漂泊者・一遍
仏教者・一遍
一遍的なるもの・その展望
捨聖一遍と『一遍聖絵』
物語としての『一遍聖絵』
鎌倉期における伊予河野氏と『一遍聖絵』
中世寺院の浴室
笠の山
夢定について
時宗文化財調査報告<絵画の部>
「器朴論」書誌考
踊り念仏の源流
時宗教団における入門儀礼考
託何上人の中峰明本偈頌引用をめぐって
史料紹介 太空上人画像
「器朴論」私訳注 5
時宗名号書体について
永和本日本書紀と高田百首
現代語訳 一遍上人縁起絵 4
一遍の旅
時宗文化財調査報告(書跡の部,絵画の部,彫刻の部,愛知県,東京都)
託何教学にみる臨終と平生
遊行上人と時宗の旅と食
一遍「建長三年の春」「十六歳の春」「建長四年の春のころ」
時宗文化の形成と発展
「他阿上人法語」内容索引の試み
南要本「一遍上人絵詞伝」の所見
一遍聖絵 修理後の翻刻 巻1〜3
藤沢山遊行寺史料目録 1,2(前近代史料 1,2),3(明治史料 全),4(大正史料 1)
遊行七代他阿託何の伝歴とその業績
「藤沢山方便記」について
業に関する考察 1,2
七祖託何上人作「器朴論」私訳注 1〜4,
平成九年修行記
「一向上人伝」について(一向上人研究序説 1)
現代語 一遍上人縁起絵 第3-1,2
「一遍上人縁起絵」第3巻2段の解釈について
旧跡藤沢と呑海上人像
近世遊行の研究について
無の教育思想−世阿能楽稽古論について−
一遍・真教の初賦算
一遍の覚心参禅譚の「念起即覚」について
一遍の踊り念仏研究ノート−特に歳末別時念仏との関連を中心に−
「器朴論」における一考察
中世信濃における時宗教団−その成立と衰退をめぐって−
元七条道場河野氏?ヒ先碑について
当麻派近世遊行の一史料
時宗文化財調査報告<絵画の部>
時宗文化財調査報告<彫刻の部>
時宗文化財調査報告<書跡の部>
転輪王経
河野氏?ヒ先碑訓読・大意私記
未刊近世遊行送迎史料解説 1〜4
時宗文化財調査報告<書跡の部>
浄土宗と現代人
新発見の一遍版画像二種
平成七年修行記
念仏の機-一遍の平等思想-
一遍と桜
一遍の舎利
隠者兼好の教育理念
「遊行上人縁起絵」における「一遍聖絵」の受容 4 -四天王寺参詣から↓
時宗の教義・歴史にかかわる小文ども
山陽道の時衆史 4−安芸・周防・長門−
平成8年修行記
時宗文化財調査報告(岩手県)
宗教体験の反省と十一不二の倫理
一遍・孤独独一の「ひとり」
一遍の思想と時宗の展開
「戦後民主主義」と心の教育-勝田吉太郎著「民主主義の幻想」を読んで
「一遍聖絵」を読む
「一遍聖絵」小考
一向俊聖伝の再検討
「老松堂日本行録」に見る時宗寺院
九州時衆新考五題
「遊行会下箴規」の基礎的研究
こけし
水戸藩領における時宗寺院-「開基帳」史料紹介をかねて-
時宗関係文献刊行物紹介
時宗文化財調査報告
当体一念とその実践哲学
一遍教学の根本問題-その承述と変容-

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る