芥川龍之介の小断想
詩人と小説家
感覚・感覚派とは何ぞや
詩人の観たる散文芸術
新時代に望む
悪魔主義?
文壇的批評を排す
ポオ、ニイチェ、ドストイエフスキイ
特殊国としての日本文壇
文章語以前の詩壇
文学の観念病とその治療
随筆の革命
文学としてのシナリオ
日本の詩人と文学者に
追憶
名詩集「思ひ出」の真価
叙情詩物語
文壇を唾棄す
兵隊さんの詩
ボノオ博士と定律論者
中野秀人君へ
大島行
夏を讃ふ
今年度の文壇思潮
帰郷者
阿帯
初放送の記
早春三日
映画随想
芸術と教育
中原中也君の印象
詩人の使命
詩人の使命
無からの抗争
日本への回帰
我等何をなすべきか
軍歌その他の音楽について
「シンニッポン」欄
叙事詩と日本文化
改良日本服のイデー
仏教音楽をきいて
藤井制心氏に
日本服の将来
為政者と文化
現代の青年
文化の凋落と再建
日本婦人の優秀性
日本人的なる表情
民衆心理考
民衆娯楽
日本の民族性と日本文化の特質
風俗時評
科学と日本人
文芸汎論と他の詩雑誌
神保光太郎君の詩
青年時代の交友
詩壇時言
山辺習学氏に答へて
日常口語の批判と目的性
インテリ以前の日本文壇
野蛮への悦び
文化勲章と芸術院
帝国美術院批判
支那事変について
詩壇に與ふ
日本詩の新方向に就いて
詩壇随感・時感・時評・時言・
自由詩について
文学的といふことと、常識的と言ふことの別
詩・科学・民衆
菊池寛氏の反語
目醒める新人
青年の文学
現代詩壇総覧
菊池氏の反語詩論について 再説
透谷文学賞の設立について
文芸時評
辻潤と螺旋道
生田春月君に就いて
室生犀星の小曲詩
この人を見よ
芥川君との交際について
本質的な文学者
永遠の詩人
石井直三郎氏の追憶
名詩集「思ひ出」の真価
純正詩論
廊下と茶房
廊下と茶房
カフエー漫談
発声映画に就いて
長谷川巳之吉宛書簡
「虚妄の精義」のポレミストより
言葉のない恋愛
冬の情緒
動物園
雑誌「生理」の発刊について
孤独者の独語
詩人は何処へ行くべきか
寂寥のひと

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る