肩の力を抜く
思いやり
父なき家庭
父を滅ぼした日本人
老年
古い患者さん
三十年前の留学
富士山
無差別爆撃
洗礼と少数者
ロマネ・コンティ
つぶれた店員
雪とマドレーヌ
軽症うつ病
小さな者の心
代用監獄という人権無視の施設
新しい日本人像
「歎異抄」と「聖書」の魅力
死刑囚の生と死
長編小説の創作
過剰ということ
文学の敵
最良のリアリズム文学
何かを持つかではなく、何をしたか
十九世紀ルネサンス
五十八歳の受洗記−私はどう変わったか−
虚無と暗黒への思惟
人を癒すとは
こどもおぢばがえり
天理の秋
少年隊士の怨念−東北の明治維新紀行−
『古事記』中・下巻の反乱物語
「よ」の時空と生成力—竹取物語を中心に—
愛と戦争の構図・「迷路」
漱石の神経衰弱
野上彌生子論
吉行淳之介論
福永武彦の魅力−悲しみの文学−
埴谷雄高と安部公房の世界
根元へ向かう強靭な思惟「富士」
暗黒と罪の意識・「死の島」
記憶と無意識
重層する物語・「夏」
「秋」をめぐる著者との対談
老年と雪と氷の世界・「冬」
ヨーロッパから日本への回帰小説・「帰路」
病床のゆたかな詩心・「松蘿玉液」
繁栄の影を描く・「鳥の影」
底辺の女たちの切実な心・「寒椿」
宮尾登美子の四部作
大庭みな子の三部作
中野孝次の三部作
ばらばらの家族・「食卓のない家」
繁栄の陰画・「荒廃のカルテ・少年鑑別番号1589」
事件にせまる多義的方法・「子供たちの復讐」
すぐれた戦争小説・「酸素」
立原正秋の思い出
野上彌生子さんと主婦
追分の福永武彦さん
橋の上の中村光夫さん
三島由紀夫の死と強者の倫理
無頼文学の意義
戦争・天皇・無頼
無頼の倫理
日本文学における無頼の本義
谷崎潤一郎のデカダンス
坂口安吾
永井荷風
石川淳−「闇を切り開く散文の方程式」
成島柳北−言挙げ「天地間無用の人」考
辻潤
折口信夫
石原純の無頼文学
岩野泡鳴
三輪山のうた−長歌と反歌と和歌と−
人麻呂の天皇神格化表現をめぐって
人麻呂の枕詞試論−人麻呂歌集古体歌の枕詞表記をめぐって
無乏と乏−人麻呂歌集五首の訓の根拠その表記の性質−
高市皇子挽歌の時間
泣血哀慟歌群の形成
赤人の対句—行幸従駕の歌における表現方法—
日本挽歌の反歌五首をめぐって
転換期の家持—「臥病」の作をめぐって—
東歌の枕詞に関する一考察
スサノヲ試論
音の荒地と言葉の祭典-ストラヴィンスキーーとエリオット
アメリカ精神と日本文学
随筆の成立−モンテーニュと兼好に見る
西洋近代詩中の白楽天−T・S・エリオットとウェーリーの交友にふれて
東西の想像力の融合点−泉鏡花における〈かたり〉の普遍性
世紀末英文学と日本
文化交流の原理−外国の日本文化研究を中心として
サント・ヴィクトワール山のふもとで−画家アンドレ・ワッソンの忘れ難き対話
黎明記の佛蘭西学−沖縄の史的役割
詩心の触れ合い−蕪村とラルボー
平安時代の説話と中国文学
漢籍受容と源氏物語
中世歴史文学と中国文学
近世の剪燈新話受容の諸相
桃源郷の系譜

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る