中国白話小説と初期読本
無頼文学の系譜
ヨーロッパの文学での無頼
中国における無頼
わが国における無頼思想1(上代の文学)
わが国における無頼思想2(中世の文学)
わが国における無頼思想3(近世の文学)−特に演劇における↓
ひまわりの花を慰めに(タイム)
「山の音」(サタディ・レヴュー)
「山の音」(カナディアン・フォーラム)
わが友三島由紀夫
イラン紀行
アフリカの勲章
花の留守
「向う側」の文学
異界・内面・権力
説話からみた他界
東と西の桃源郷−ハーンの中国霊異譚の再話「孟沂の話」を手掛りに
大正日本の小桃源−佐藤春夫作「西班牙犬の家」をめぐって
異郷の母たち−「伊豆の踊子」と「雪国」
日本近代文学における「向う側」成立の条件
西洋文学の「向う側」
朔太郎の外国
漱石とオースティン
おお!トスカーナびとよ-ダンテ「神曲」邦訳史のための序章−
有島武郎とアメリカ
現代日本文学とキリスト教−椎名・遠藤・小川を中心に
日本におけるカミュ
エズラ・パウンドと東洋
「白樺」派とホイットマン
現代作家へのアメリカ文学の影響−大江健三郎をめぐって
遠天
御風と未明
相馬御風の書
御風とアンドレーエフ
相馬御風の随筆
御風と抱月
相馬御風の児童文学
「山の音」における性
「山の音」における自然
「山の音」における“種”のイメージ
「山の音」における食事
「山の音」における悲劇性
「山の音」における離合
「山の音」における家庭
「山の音」における芸術と生命
「山の音」における夢
「山の音」における「重ね」の技巧
「山の音」における現実と超現実
「山の音」(アトランティック・マンスリイ)
「山の音」(ニューヨークタイムズ・ブックレビュー)
通俗ヘミングウェイ(ブックワールド)
パラフレーズされた俳句に隠された豊かさ(グローブアンドメイル)
「山の音」(ブックス・アブロード)
「山の音」(パシフィック・アッフェアー)
乱れた魂からの無意識の呟き(クリスチャン・サイエンス・モニター)
「山の音」(ライブラリー・ジャーナル)
覚鑁名字釈
プロレタリア文学運動の外側から
あの頃のこと
当時の一読者として
当世百面相 抄
「罪と罰」の殺人罪
詩論の周辺
歌壇ジャーナリズムと新思潮
三十代の登場
論争不毛の演劇界
近代文学の年譜年表など
明治新聞雑誌文庫について
明治新聞雑誌文庫について
和歌文学の諸相
和歌文学の諸相
軍記物語の展開と達成−人物造形を中心に
説話文学の種々相
隠者と随筆文学−方丈記と徒然草
日記文学の世界
五山文学の特性
御風の詩と詩論
もう一つの「自然」−御風と外国文学
「御風歌集」を読む
時評をめぐって−「早稲田文学」にみる初期活動の拾遺
「黎明期の文学」とその前後−御風評論の根底
「還元録」をめぐって
良寛研究への道−修羅から在家的出家
「野を歩む者」その推移と御風像
御風と花袋
御風の小説
御風と大杉栄−「近代思想」の誌面より
御風と一茶・芭蕉
俳句界の新傾向
俳句調子論
無中心論
「俳壇傾向論」抄
日本俳句鈔第二集の首に
所謂「新傾向句」雑感
花鳥諷詠
「自然の真」と「文芸上の真」
演劇改良論者の偏見に驚く
春の家が「桐一葉」を読みて
中村吉右衛門論

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る