政治小説を論ず
文士無妻論
美的生活とは何ぞや
思想問題
紅葉山人
何故に余は小説を書くや
国歌としての「君が代」
文学と試験的方面
「初すがた」序
「はやり唄」序
「野の花」序
「地獄の花」跋
露骨なる描写
囚はれたる文芸
幻滅時代の芸術
無解決の文学
文芸上相馬主客両体の融合
論理的遊戯を排す
現実暴露の悲哀
現実主義の諸相
自然主義
自然主義論
自然主義比較論
自然主義論
自然主義の価値
芸術と実生活の界に横はる一線
現代日本の開花
逍遥氏の諸標語
早稲田文学の没理想
エミル・ゾラが没理想
没理想の語義を弁ず
烏有先生に謝す
我にあらずして汝にあり
「マクベス評釈」の緒言
小説三派
文壇名所案内
初学小説心得
烏有先生に答ふ
其意は違へり
小羊子が白日夢
「早稲田文学」が谷「時文評論」村の縁起
没理想の由来
罵の字
一種の批評家
解嘲
早稲田文学の没却理想
逍遥子と烏有先生と
早稲田文学の没理想
文学意見
人生に相渉るとは何の謂ぞ
徳川氏時代の平民的理想
硯友社
近年の文海における暗潮
美術の翫賞
嶺雲遥曵抄(小説と現代の隠微・下流の細民と文士・社会問題・嗚呼↓
社会主義の必要
所謂社会小説
我邦現今の文芸界に於ける批評家の本務
国民性と文学
「福翁百話」を読む
鸚鵡杯
先生の全集(〈付録〉岩波書店版「鏡花全集」目録より)
うまさ(〈付録〉岩波書店版「鏡花全集」目録より)
「鏡花全集」に就いて
東歌の本質
西鶴の方法
西鶴の散文精神
藤村の詩について
藤村の詩について
国民文学の問題
国語教育部会報告
小学校における「文法指導への試み」
小学校における文学教育の展開
中学高校国語教育における外国文学
総合討論への問題
国民文学の問題−「玄海灘」をめぐって
当世書生気質の批評
小説総論
春色梅ごよみ
南総里見八犬伝
近来流行の政治小説を評す
浮雲の褒貶
浮雲第二篇の褒貶
新編浮雲
批評論
日本小説の三大家
小説家の責任
方内齋主人に答ふ
罪過論
続罪過論
鏡花論集成解題
天才泉鏡花(〈付録〉岩波書店版「鏡花全集」目録より)
幽寂境(〈付録〉岩波書店版「鏡花全集」目録より)
現代文豪名作集 15 「泉鏡花集」解説
「日本の方法」より
鏡花のロマンチシズム
湯島詣と葛飾真砂子
「日本橋」解説
鏡花本の装釘
「参宮日記」と「日本橋」のこと

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る