新感覚派の文学—「新感覚派の点と線」の前提として—
プロレタリア文学覚え書—「天皇制」の問題をめぐって—
フロイトの紹介と影響 —新心理主義成立の背景—
小林秀雄の意味
「性格破産」から「インテリの弱さ」へ—広津和郎小論—
転向文学の一位相—『再建』の背景をめぐって—
日本浪曼派の運動—出発期をめぐって—
無頼派の文学
戦後派文学の役割
「第三の新人」と「内向の世代」—『二十歳のエチュード』をめぐって
安部公房と三島由紀夫—戦後文学の旗手—
芥川賞の生れるまで(対談)
ヤマシサから出た嘘
芥川賞と作家たち(対談)
芥川賞—文壇残酷物語
悪の華
“対決”とのはざまにあるもの
ユダの哀しみ
『イエスの生涯』の作品分析
『沈黙』以後の遠藤周作
カトリック作家の問題
フランスの大学生
月光のドミナ
マリアのいたわりを希求する
ぐうたらとキリスト教
〈沈黙する神〉と転向
背教者の苦悩と悦び
轉んだ神父たち
母なるもの
『鉄の首枷』について
力作、遠藤氏『薔薇の館』
遠藤周作の戯曲
遠藤周作とドラマ
日本のカトリック作家:遠藤周作
モーリアックと遠藤周作
小説の中の日本的風土
現代を救うもの
神と人間性の追求を(対談)
文学—弱者の論理(対談)
『死海のほとり』をめぐって(対談)
キリシタンに学ぶもの(対談)
神とユーモア(対談)
さらに遠藤君に期待する
遠藤君とフランス
ケチ同志
ユーモアと話術
金貨ジャラジャラ
奇人狐狸庵
多田裕計
有馬頼義
山本周五郎
安岡章太郎
庄野潤三
吉行淳之介
遠藤周作
三浦朱門
山川方夫
鮎川信夫
矢代静一
福田善之
石原慎太郎
開高健
大江健三郎
河野多恵子
有吉佐和子
曽野綾子
倉橋由美子
三浦哲郎
庄司薫
野坂昭如
永山一郎
新田次郎
水上勉
星新一
半村良
田中光二
北杜夫
遠藤周作の世界
『哀しい眼』の想像力
切支丹—信仰と文学の結節点—
『海と毒薬』
わがキリストを〈遠藤周作〉
遠藤周作における母のイメージ
批評家としての遠藤周作
伊藤整 —伊藤整氏の生涯と方法—
牧野信一
坂口安吾
太宰治
檀一雄
田中英光
織田作之助
田村泰次郎
亀井勝一郎
木山捷平
尾崎一雄
舟橋聖一
阿部知二
十和田操
宇野千代
中里恒子 —西洋蝋燭の追奏曲—

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る