書評再録「文学における原風景」
断片、或は彼を主題にした詩
「現代作家論」の時代
書評再録『太宰治論』
再録『太宰治論』推薦文
粋のたもと
東洋的全体小説
性文学の質的転換
快感原則による文学
深層意識と言語
リアリズムを超えて
あとがき
現代文学の基軸(抄)
現代文学の基軸 —虚数の有効性—
昭和十年代文学とは何か?
正統意識を排す
死者よりの目
誰を意識して書くか
現代の純文学とは何か
現代にとって文学とは何か
情況と予兆(抄)
文学至上主義の立場
作家と小説変質
文学観の転換
分極化する小説
現代作家への試論
現代文学における創造と模倣について
文学者の職能と法律
含羞なき文学
無頼と異端(抄)
文学における無頼とは何か
演劇興行談
“無頼派”論
女流作家論(抄)
小説は本質的に女性のものか
私小説の困難性
私小説滅亡の危機
戦後文学と「性」
サディズムとマゾヒズム
文学的制覇(抄)
現代の文学状況と太宰治
古い小説と新しい小説
リアリズムへの疑問 —中村光夫批判—
芸術的感動とアクチュアリティ
伊藤理論と平野公式 —近代日本文学への原理論—
文学は死滅するか
文学は可能か
純文学は可能か
大江健三郎の文学と性
島尾敏雄の文学と夢
「家庭」の崩壊と文学的意味
「家庭」文学の逆襲
「政治と文学」理論の破産
「政治的文学」批判
「政治と文学」再論
『美しい星』論
篠田一士氏のディレッタント的批評に答える
武井昭夫氏の批判に答える
長塚節 —人と作品—
「戦後派」文学批判
無頼派と戦後派の断絶
「戦後派」文学の方法
石川淳
創造の心理的メカニズム
危険な芸術至上主義 —再版『近代の超克』—
文学に特効薬はない
あやまれる民主主義文学 —保守的「進歩的文学」—
組織と人間
思想と心理
動脈硬化症の老大家
不毛の世代の文学
なぜ日本文学に傑作が生まれないか
日本文学の方向
『日本文学の病状』あとがき
フローベール・ゾラ・モウパッサンの印象
アランの死
自己告白とその仮装 —鳴海仙吉をめぐって—
現代への発言 —評論—
新人直言 —まず壁を打ち破れ—
統一された評論
純文学の通俗化に反対する
無頼派(リベルタン)作家の再評価
文学的制覇(抄)
心理主義文学論
新聞小説論
田山花袋再評価
山村暮鳥 —人と作品—
プロレタリア文学運動の欠陥 —小林多喜二をめぐって—
純文学と大衆文学
大衆という虚像
私小説と自己探検の文学
故園
「舞姫」—そのライトモチーフの研究—
「古都」をめぐって
「美しさと哀しみと」考
「伊豆の踊子」—読者のリアリティから—
「抒情歌」論
「禽獣」小論
系図を読む—超えんとするものと守らんとするもの—
ドイツ三部作

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る