建部綾足片歌余説
蕪村の孤影 −離俗と表裏をなすもの−
「蕪村自筆加判帖」の性格
「翁反故」刊行をめぐって −天明三年俳壇の一側面−
蔦屋重三郎板の俳諧絵本
江戸の連歌師 −文化八年の柳営連歌から−
老証随筆と戯作 −柳亭種彦の古俳諧研究−
小沢蘆庵とその門流
売茶翁グループ-秋成の茶道-
伴蒿蹊と和文の会
春葉集と京都詞壇
近世後期大阪出版の状況
皆川淇園と京都文壇
神医谷川兄弟
「癇癪談」の読者たち
探偵女房
妙法院宮サロン
吉川先生の思い出
「諸艶大鏡」私論
「西鶴諸国ばなし」の方法
「西鶴諸国ばなし」と伝承の民俗
「椀久一世の物語」の主題
「好色五人女」論
物語の時間
「男色大鑑」の唯美性と観念性
西鶴「懐硯」の「道行型」と謡曲
一宿道人と艶隠者と西鶴
「日本永代蔵」に提示された武家像
西鶴作品における「堺」
「本朝桜陰比事」と「翁物語」
「西鶴置土産」の考察
「西鶴置土産」巻3,4の意味
新出「犬筑波集」二本
晩年の重頼と宗因 −「武蔵野」をめぐって−
「眠寤集和語対類」考
「季重なり」の文学性 −芭蕉発句考−
天和・貞享期の俳壇と芭蕉
貞享初年の新風 −「冬の日」成立の背景をめぐって−
蕉風前書における「名所」 −「明石夜泊」と「堅田にて」−
平家雑感
俳諧における「江戸」
風流の初 −「奥の細道」試論−
サークルで「オッペルと象」を読んで
作品上にあらわれた賢治精神
高農時代の賢治
宮沢賢治に於ける宇宙観
薫浄された原稿
真空溶媒について
「春と修羅」初版について
宮沢賢治研究史−受容と評価の変遷(1)−
宮沢賢治の芸術観
「西鶴織留」をめぐる諸問題
西鶴の書簡小説
「西鶴俗つれつれ」臆説
「世の人心」と「徒然草」
「万の文反古」の方法
西鶴・芭蕉・近松
西鶴伝承地考
西鶴片々録
西鶴の無想説話
西鶴箋略−「諸国ばなし」他若干
西鶴の「宛字」試論
中国文学の移入と近世唱導
浄瑠璃作者・西鶴
「好色一代男」の読み方
賢治結縁
「好色一代男」と末次平蔵
「諸艶大鏡」論序説
予が言文一致体
宮沢賢治論
宮沢賢治における比較対照研究の領域
宮沢賢治の読書
文学全集の意義
賢治さんの憶ひ出
ロマンロランと賢治
往復書簡
「羅須」の語義推定
宮沢賢治の文学における「まこと」の意義
宮沢賢治の農耕文学
宮沢賢治における「修羅」
宮沢賢治における「結婚の問題」
山男について
初期作品に描かれた女性像
「羅須」その他
文語詩に現れた恋愛観
或る日の賢治
賢治と二宮尊徳
「智恵子抄」と「挽歌」
「賢治と未明」序説
賢治童話の性格−二篇の代表作を中心として
宮沢賢治の童話文学制作の基底
「春と修羅」私観7−働く農村婦人についての詩
高村光太郎と宮沢賢治
四次元私観「春と修羅」序に就いての緒論
希求の相反性−「オホーツク挽歌」をよんで
イーハトヴォ農学校の頃
賢治二題
宮沢賢治の短歌とその剖検
一化学者の見た宮沢賢治
宮沢賢治の眼−その社会観

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る