『見知らぬ町にて』解説
壮大なフィレンツェ文化史
『春の戴冠』の描いたもの
『背教者ユリアヌス』とその作者
鴎外のベルリンの家
雪の上の足跡
随想
書簡
シンポジウム 夏目漱石における東洋と西洋
シンポジウム 夏目漱石における東洋と西洋
シンポジウム 夏目漱石における東洋と西洋
漱石における「東洋」と「西洋」
漱石と英文学
漱石と英文学のつながり
漱石の英文学に対する態度
『英訳方丈記、付方丈記小論』をめぐって
『倫敦塔』と『カーライル博物館』
『草枕』と『虞美人草』
『三四郎』
『それから』とダヌンツィオ『死の勝利』
十八世紀のイギリス作家
メレディスとオースティン
スティーヴンソンと『彼岸過迄』
ギッシングと『草枕』
ウィリアム・ジェイムズの心理学・哲学
漱石の初期作品とプロスペル・メリメ
英文科学生時代
日露戦争頃の漱石
自著広告
漱石とケーベル
比較文学の進展
堀口大学の若々しさ
堀口大学の詩業
堀口大学とシュペルヴィエルの短編小説
大学先生点描・「水かがみ」ノート
石の詩人
文学的自叙伝
堀辰雄
わが愛する詩人の伝記・堀辰雄
堀辰雄の文学
かげろふの日記・曠野
風立ちぬ
瑪瑙を切る
堀辰雄
堀辰雄
堀辰雄・一つの感謝
別れの歌
堀辰雄の位置
ふたしかな記憶
堀辰雄との縁
晩年の堀さん
乱世文学者
若き日の堀辰雄
「リルケ研究」号のことなど
絵のある詩集
堀辰雄
めいめいの風景
堀辰雄の人と文学
堀辰雄の人と文学
堀辰雄論ノート
堀辰雄とプルースト
堀辰雄
晩年の辰雄
堀辰雄
堀辰雄の「聖家族」
堀辰雄と将棋の香車
忘れがたい風姿
あいさつ
風立ちぬ
ルウベンスの偽画
聖家族
墓畔の家
ふるさとびと
放蕩虚誕伝
近代を葬る
文明の伝承 —檀一雄氏に聞く—
十五歳の飢餓 —古木春哉著『わびしい来歴』
川端康成
川端康成
川端康成氏の近業
川端康成
川端康成の芸術
川端康成論断片
山の音を聴きながら
『雪国』
川端康成
川端康成コントラ横光利一
永遠の旅人
川端さんのこと
『眠れる美女』
旅びと
辛抱づよいニヒリスト
冷徹の美
美への彷徨
創作合評 —「みづうみ」「片腕」
創作合評 —「みづうみ」「片腕」
創作合評 —「みづうみ」「片腕」
覚書
川端康成
川端康成氏の魅力

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る