秋田雨雀追憶—その文学的出発
秋田雨雀編『島崎藤村研究』など
秋田雨雀
秋田雨雀とエロシェンコ
雨雀と黒光のことなど
雨雀と有島武郎
雨雀さんと高村さん
蘆花と雨雀
雨雀と巖本善治
資料として書いておく
秋田さんとの因縁
土蔵劇場前後
秋田先生と父・土方与志
土方さんと山田耕筰さんの東中野時代 霊楽堂・ウクライナ劇場・↓
築地小劇場以降の歴史のなかで
新劇の良心
学院初期の雨雀先生
雨雀先生と私
「白樺派」の周辺 1−その「信濃教育」との交流について−
釋迢空
孤独者の歌の近代
幻を見る人
悲傷のミュステリオン
『死者の書』について
詩語の研究・批評の成立
偶像崇拝
折口信夫再考
折口学の発想序説
折口信夫=釋迢空
うぶすなと呪詞神
黒衣の旅びと
「古代感愛集」読後
『死者の書』メモ
猛烈な人
「死者の書」と共に
折口信夫氏の思ひ出
対談 『古代感愛集』『近代悲傷集』をめぐって
私説 折口信夫
わが師 折口信夫
叢をくだる
釋迢空
愚見
『倭をぐな』を通して
折口学と私/「信太妻の話」を読む
日記
折口信夫君とニホのこと
死者の書
海やまのあいだ(抄)
春のことぶれ(抄)
倭をぐな(抄)
古代感愛集(抄)
近代悲傷集(抄)
現代襤褸集(抄)
三重吉の思い出-児童文化運動にかけた情熱-
三重吉のあしあと-広島といしぶみ-
有島武郎論
有島武郎研究
有島武郎研究
有島武郎研究
有島武郎研究
有島武郎 —聖書と性欲—
「カインの末裔」試論
有島文学の性心理学分析
『或る女』の形象組織
詩への逸脱 —有島武郎論〈最終回〉—
『或る女』論 —「夢幻」と「屈辱」をめぐって—
有島文学における晩年の一断面-戯曲「断橋」の構造を中心に-
『星座』の中核的問題 —有島文学崩壊の道標として—
有島武郎における「独自のニヒリズム」-「宣言一つ」の周辺-
有島武郎と河上肇—「宣言一つ」論—
有島武郎の思想構造とその問題性
有島武郎研究-自然観にみるキリスト教受容と定着化の考察-
有島武郎のキリスト教入信とその周辺-新資料による覚え書き-
有島武郎における「神義論」的懐疑の成立
淋しい事実
武者小路実篤研究
武者小路実篤論覚書 —「幸福な家族」について—
「自己」と「人類」—武者小路実篤について—
新しき村の現状—近い将来を含めての問題—
白樺派のオ坊チャン性
「白樺」創刊前記
「白樺」後期の問題点
「郷土望景詩」論-基本的なことについての二、三のノート-
『氷島』素描
萩原朔太郎の詩法 一、音楽性と形象性
萩原朔太郎の詩法 二、文語と口語
萩原朔太郎の詩法 三、自然主義と象徴主義
『詩の原理』論
「日本への回帰」考
『卓上噴水』の頃
幼いころの日々
虚子の人と作品
虚子の眼—「眼中のものみな俳句」の論理
明治期の虚子
大正期の虚子
昭和前期の虚子—花紅柳緑—
昭和後期の虚子—虚子の戦後から没時までの歩みと問題点
『日本』俳句欄の俳句研究
『類題句集』の研究
『五百句』の研究

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る