「雪国」の翻訳 —川端康成の文体—
川端康成研究史覚え書
非・日本語に訳された川端作品
芸術家としての永井荷風
永井荷風論
三島由紀夫の家
三島由紀夫小論
三島由紀夫小論—無垢の美学について—
三島由紀夫論—終焉の美学への疑義について—
三島由紀夫の文体
三島文学の女性
古今の季節—学習院時代の三島由紀夫—
作家志望者
伊東静雄と三島由紀夫
唯美と詩精神—「初期詩篇」「花ざかりの森」の位相—
『仮面の告白』論
『潮騒』—三島文学の素顔—
『近代能楽集』論
『金閣寺』について —その構造—
『鹿鳴館』論
「青の時代」「宴のあと」「絹と明察」-三島文学における時事的諸相-
『美しい星』『音楽』 —モダニズム文学との接点
『憂国』『英霊の声』に於ける思想性—天皇制ナショナリズムの萌芽
浪曼者への挽歌 —わが友ヒットラーについて
『喜びの琴』『朱雀家の滅亡』より『豊饒の海』へ−三島由紀夫のナショナリズム−
三島由紀夫作品事典 『中世』『愛の渇き』『真夏の死』『沈める滝』
三島由紀夫作品事典 『重症者の凶器』『美徳のよろめき』
三島由紀夫作品事典 『白蟻の巣』『橋づくし』
三島由紀夫作品事典 『私の遍歴時代』『目—ある芸術断想』『サド侯爵夫人』
海外における三島文学の諸問題
三島由紀夫研究の展望とその道標
白樺派の運動
プロレタリア文学
新感覚派と新興芸術派
私小説・心境小説
昭和十年代の文学
戦後の文学
大衆文学
川端康成文学概説
川端と日本の伝統
川端とノーベル文学賞
川端康成の小説の手法
川端康成の文学観
英訳「雪国」序文
「雪国」管見
アルメル・ゲルン氏の「白のロマン」
英訳「雪国」の発表当時の紹介の評価-F.バウァーズ、D.バー,Aスウェイトー
「千羽鶴」論(その一、二)
英訳「千羽鶴」をめぐる紹介と評価-ケニス・レックスロス、S.マンデル、W・ダンリー,
「山の音」における生と死のカラクリ
竹取物語
川端康成−西への架橋の作り手−
「眠れる美女」一考
ヴーテノー氏の川端論をめぐって−「伊豆の踊り子」「水月」「雪国」「千羽鶴」「古都」−
川端康成−ノーベル文学賞と初期作品をめぐって−
ミネルヴァとマルス
三島由紀夫 —人と作品の系譜—
聖セバスチャンの顔
ナルシシスムの運命
坪内逍遥
二葉亭四迷
森鴎外
尾崎紅葉
幸田露伴
樋口一葉
泉鏡花
正岡子規
明治末年と大正初期
島崎藤村
徳田秋声
石川啄木
夏目漱石
永井荷風
谷崎潤一郎
萩原朔太郎
大正末年から昭和初年へ
志賀直哉
武者小路実篤
有島武郎
芥川龍之介
斎藤茂吉
佐藤春夫
横光利一
川端康成
坪内逍遥と二葉亭四迷
硯友社とその周辺
浪漫主義の思潮
日清戦後の文学
近代詩の成立、和歌・俳句の革新
日本の自然主義文学
反自然主義
鴎外と漱石
第一次大戦後の文学
啄木の思い出 —その少年時代を中心に—
優等生でなかった啄木
不来方の城址に文学を繙いたころ
啄木追憶
ストライキ事件の思い出
啄木君の思い出
啄木の思ひ出

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る