月賦時代の葬儀 -5年の月賦で豪華な葬式を
仏教舞踊の先駆者賀来琢磨氏
聖徳太子奉讃の和讃を味わう 4〜8
歴史の跡を訪ねて
作為されたものは滅びる
全知全能の神とは
九条武子-女性仏教の明星(近代仏教界の人間像 30)
伊藤文吉氏(近代仏教界の逸話録 2)
合掌観世音像由来記
真言宗の教理
報恩などとは水くさい(私の歎異抄 41)
勝鬘経の味わい方
石徳五訓 2
人情・感情(随想)
冬の或る一日
弘法大師の信仰と生涯
阿弥陀様のお仕事は(庄松上人と秀市の信仰 41)
玄峰老師の頌徳碑(仏教随想)
信仰あれこれ
真言宗と生活
母を語る
辺地の生とはおかしい(私の歎異抄 48)
信仰中心への脱皮
宇宙の光の出現を想う
現代生活と観音信仰
私の見た弘法大師
日蓮聖人と創価学会 4
画竜点晴
福井羽賀寺十一面観音像
「ブッダのことば」から(仏教随想)
「みほとけは…」の歌声と共に
ここはまだ娑婆か(庄松上人と秀市の信仰 48)
穢土と浄土
観音サマと同棲生活五十年
護摩秘法の功徳
批判される宿業を背負って
古寺巡礼 1〜4
曼荼羅の世界
「釈尊の生涯」を製作して -スライド映画
親鸞聖人高野山三角石宝塔について
平和の鐘を打つとき
托鉢の現代的意義(悲願に生きる禅僧の托鉢修行体験録 1〜4)
空海の心華
現代に寄せて
観音信仰と御詠歌
弘法大師について
ベトナム仏教徒に対する弾圧問題に関して-全日本仏教会は起ち上がれ、カトリック教徒は猛省せよ-
祇園精舎の鐘の声についての考察
宗教人の立場から考えたこと
覚鑁上人の生涯とその願行
釈尊は巻髪族か直髪族か
無常観と宿命観(演劇史の考察 1,2)
文力日本と仏教の世界的進出
真言宗の歴史について
称名念仏と呪術との相違点
極楽世界探訪記
伊豆を訪れた画家たち
観音はいかにして娑婆に遊ぶか(観音講話 2)
親鸞教の世界性
大日経の中心課題
聖徳太子のお言葉を味わう
浄土宗おつとめ日中礼讃 -聴くお経から唱うお経へ
鎌倉山荘記 -俳人荻原井泉水翁を訪ねて
この道
療養者の宗教心の実際
日蓮宗の宗旨要領
新居日薩上人の人材登用主義 -明治維新の傑僧に学ぶ
冥の照覧
六祖慧能物語 1〜7
極楽と地獄 -文学作品にあらわれた
オリンピック雑観(仏教随想)
国民にみ仏の真価を識って貰おう
信心ということ -観音さまに守られて窮地をきりぬけた井上角五郎氏のこと-
東南アジアの華僑とその宗教おぼえ帳
宗教の和と政治の和
小栗栖蓮舶師明治を代表する傑僧
世界は一なり仏教も一なり
公明党の綱領・政策批判 -続・第二全仏結成宣言
廃仏棄釈の真相
ヨーロッパ文化は揺ぐか -欧州の旅に見る仏教
宗教と政治のかかわり-公明党の結成に関連して
平等愛と差別相(無我愛運動史概観 3)
日蓮教学の密教的性格
読売新聞社の動きと仏教主義
百論
人間釈迦物語 4,5,7〜9,12,13
浅草に生きる 1〜27
実在主義と仏教
各宗派と新興宗教の活動力 -その比較評定
わが国の宗教事情と宗教行政 1,2
十三仏物語
日本仏行事の大観
空海弘法大師
アメリカ仏教界見聞録 上下
台湾の宗教事情
世界の宗教界 -本年の課題
伊東教順師を悼む
浄土真宗における道徳観
慈覚大師の聖蹟めぐり
日本仏教界の今年の課題

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る