ハワイ仏教界の現状
清水寺境内の霊場めぐり
蓮如上人の子供は二十七人か
北米仏教寺院雑感 -東本願寺寺院を巡りて
真宗の教理
兎と仏教(仏教随想)
涅槃経の味わい方
盂蘭盆によせて
夜の路傍に生きる-ある僧侶の告白
種子荼羅集 1巻
同朋同行を惑わすな(私の歎異抄 54)
「未顕真実」を批判する
風説西遊記 2,11
寺院仏教と仏教相談学
創価学会信仰一端を語る
島の盆
竹内街道の周辺
御本尊様が痩せて居っては(庄松上人と秀市の信仰 54)
混同されている神と仏 -その原因と道すじを追って
仏教徒旅行の手引き
大石正已翁 -近代仏教界の逸話録 3
妙好人小話 1〜6
誤聞と歪曲と池田大作氏の暴言を難ず
誤解されている他力本願
禅東院八王子ビルとナタで彫った大日如来
遥かなる天台山を訪ねて
峨山禅師・その人と宗教
僧侶になぜ階級があるのか
除夜の鐘
諸行無常の正しい意味
瑩山禅師の聖蹟めぐり
親鸞の見た真実とは何か
臨済宗にどんな名著があるか
現代釈「色即是空」 -般若の空は少数の達人の境涯的風流につきるものではない-
曹洞宗の儀式と信仰
真宗教団の一番の欠点
本願を疑う罪とは(私の歎異抄 50)
四国における弘法大師
影響集 1巻
祖先供養の正しい在り方
旧仏教あれこれ(仏教随想)
自力の臨終正念(私の歎異抄 43)
三界なお火宅の如し(庄松上人と秀市の信仰 50)
盂蘭盆を迎えて英霊をしのぶ
空しさから平和への道
花まつりの由来と現状
ありがたいありがたくない(庄松上人と秀市の信仰 43)
巳歳を語る
本山と末寺との関係を -時代的な教団再編への警鐘
第二仏教の設定 -このぬるま湯から抜け出す夢のようなお話
創価学会と政治の貧困
なぜ浄土は西方にあるか
名刹保護の現状
宗教は人間を救うことが出来る -明治初期における教誨師の活動 3
みくじ・護符の問題点 -発生の原因と将来の対策に就いて
神仏と人間釈迦と仏釈迦
創価学会の海外折伏
宗祖・法然上人の出現のとき
清沢教学は存在するか -真宗大谷派の教学論争によせて
宿命観と無常観
この祖師を裏切るもの!-「異」の「異」たる所以
安楽死と仏教の立場
「坐禅用心記」の読み方
母の祈り
源氏物語と古典文学の舞台をゆく
たそがれる本願寺 -堂班制度を批判する
釈尊出世の本懐
法華経からなぜ新興宗教が起るか
国際仏教の難道
ゴマの企業化
タゴールの見た日本のこころ
釈迦在世時の仏事とは何ぞ
無縁の外道拝み屋 -嘲笑することはたやすい。だが…
炎天寺と一茶の句
法城を護る人々の世界
キリスト社会と仏教社会の構造についての序論 3
南ベトナム問題について
新中国の迷信退治 -迷信邪教は「取締り」だけでは追放することができない-
仏教二十五世紀の相似点
ローマ法王の平和呼びかけ
アジア舞踊の大結集 上下
仏教界の明星「渡辺海旭先生」
釈迦・孔子・ソクラテス・キリスト
袈裟変遷余話
法事仏教を如何に生かすか
お浄土への道 -「正信念仏偈」講讃
世界仏教徒会議とローマ法王
「さとり」に至る七要素 中 -七覚支
日本人の精神的風土
日本仏教総路線の確立 -パウロ大世の書簡に思う
杜詩
仏教と幽霊 -夏によせて
民族総本家の認識
日蓮宗の講について -本門仏立講に関する私見
ビート・ジェネレーションと禅
親鸞聖人の日常生活 -越後時代を中心に
河上肇の共産主義より観た戦争根絶と宗教問題 -河上肇の「獄中贅言」を読む 上,
死後に生きるということの意味
国柱会の課題と進路
師も弟子も信心は一つ(私の歎異抄 55)

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る