立政寺の開創について
浄土教の儀礼について
証空浄土教と善導浄土教
善導大師の「古今楷定」考 上下-特に経題の「観」を中心として-
方便思想の展開 1,2-小品(大品)般若経を中心に-
「生死の問題」についての「出会いの哲学」的試考
口伝法門成立の社会基盤
受法について
善空置文にあらわれたる近江寺院について
善導大師遺跡の現状
隆寛浄土教における三心
法然上人の諸行観
ヘルマン・ヘッセ「ジッタルタ」考-浄土教徒より-
現代中国の仏教状況
絵解きと葬送儀礼−当麻曼荼羅講讃の<場>−
自筆抄の行間に記入されている地名について
證空教学における他力領解と回向
五段鈔の三心
「選択集」における諸行・念仏観-その法然教学の継承-
祇園女御の仏舎利と法然
福祉見直しとセツルメント
蘇東坡の手になった道教経典の写経
出離生死について
「俳句作品史」の試み
対人援助実践におけるエンパワーメントアプローチについて−新しい時代の援助観の確立を目指して−
「あけぼの」「あかつき」小考-「文選」を中心に -
「シル」と「知」−日中両語における語義変化の相関について−
観門の時
定散料簡
袋中上人の白記を反撃せる光覚昌堂上人の教学
人類の進化と現代っ子の行動
晃空仙旭上人について
蘇東坡と羅漢信仰
九品と十界に関する一考察
子どもと別居親の面会交流の一分析−面会交流支援団体へのインタビューから−
日本の習俗及び来日外国人の書翰から見える固有の子産み・子育て・子育ち文化
カラダを学ぶ教育講座への一考察−生涯学習の視点から−
E.M.フォスターの「ハワーズ・エンド」と当時の社会変化
西鎮の同異
ある密教者の浄土-ダルマスワーミンの伝記を読んで-
四十八願の検討
論義鈔に就て -六巻本を中心として
西山国師の教旨信仰 -特に浄橋寺の梵鐘の銘文を中心として 1,2
西山上人の俗縁関係に就て
円頓戒補助儀を読みて
印度の収穫祭
鎌倉時代に於ける浄土教精神の文化史的考察
私の学問的遍歴-西山専門学校の思い出と共に-
地獄極楽に就て
明秀上人全集(西山全書別巻第2)編纂道中手記
華厳一乗法界図について
行観上人の教学
洞空助参の円戒論諍に就て
選択集の執筆について-草稿本(本文)第三筆は証空西山上人か-
選択本願念仏集の「廃立」について−行観上人・選択本願念仏集秘鈔を中心として−
証空の浄土往生観
正因正行について-十一門義と正因正行-
証空教学における阿弥陀仏と衆生の接点 2
中世西山派史における粟生光明寺について
蘇東坡と写経 1−「般若心経」「如意輪陀羅尼経」−
証空の歴史的位置
近世料理書における加熱調理操作語彙の漢字表記 2−近世後期を中心に−
四明知礼の浄土教序説
心理臨床における心理テストの効用と限界
「観念の冒険」補足的解釈(第1部)
子どもの権利ってなあに?−「子どもの権利条約入門」−
世阿弥の芸道教育
日本国憲法下での政教分離訴訟の意義
大学卒業生の職業適応意識に関する調査研究
「観門義」と「他筆鈔」の索引について 1〜4<資料>
エコロジーの周辺学からのアプローチ
僧侶の歴史
インテグリティからケアへ
往生礼讃について
近世封建制度崩壊の研究 1
他阿託何「器朴論」撰述とその時代背景
西谷の祖蹟に就て
曼荼羅宏善鈔について
近世料理書における” おから ”を表す語彙をめぐって
西谷愚要鈔を中心として
観の意義
教線開拓史上における顕海明秀両上人の協力提携について
槐安国語骨董稿
西谷義における化前序の教学的意義
法然の周辺−弟子の関係性と信空−
西谷名目の一考察
理と事について
證空にみる生死の理解
子どもと別居親の面会交流の一分析−子どもの福祉の視点から−
現代における日本哲学界の動向
幼児体育における模擬保育が学生の気分変容に及ぼす影響
松花堂昭乗と近衛関白
障害者自立支援法と障害児福祉サービス
「韋提得忍」について一視点
方便思想界の展開 3-大智度論を中心に-
往生礼讃假名書観門義に就いて
選択集草稿本の省略部分に於る一考察
本覚法門と西山教義との交渉序説
曼荼羅研究余論 -新しき西山学のことども
三心論

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る