再度「観門義草案」に就いて
練供養に関係する仏教民俗−得生寺の会式とその周辺−
興亜青年勤労報国隊参加感想記
蘇東坡と写経 3−「円覚経」「楞厳経」「楞伽経」−
證空初期教学における阿弥陀仏観
特留此経止住百歳論に就いて
事相鈔「当麻曼荼羅供式」の撰述について
善導大師の寂年と諱日と往生相に就いて
憶念について
五台山古伝攷
菩薩戒通別二受に就いて
「我・汝・出会いの哲学」という立場からしての「マルクス主義哲学」への一批判 上
初期西山教団と宇都宮歌壇
谷山教授著 カントと形而上学
証空の密教嗣法について
南北朝期本山義教団管見
戒について
廬山寺所蔵「選択本願念仏集」について-流布本との校合を中心として-
祖跡二、三について
加行の伝法に就て
証空・真観・勢観-西山上人証空の選択集執筆流に関する補説-
異方便について
「選択集」草稿本第三筆は西山上人証空
ダーウィン型進化論とホワイトヘッド
ボロブドールの浮彫にみる仏伝
十地思想について
観門義に於ける下輩について
選択集と証空上人-西山教義との関係についての一考察-
他筆鈔定散料簡門について
阿含経の念仏について
無縁大慈悲阿弥陀如来
法華経における方便思想
証空と顕密二教
愚管抄一部内容-生起次第の関係に就て
戦国時代の武将の手紙
「吉野拾遺」の説話配列について
聖光上人の浄土教
二者深心と西真の関係
「女院御書」述作の因縁に就いて 附「上巻分科」
菩薩戒と観経
大宝積正法経の決文に就て
天台成立期の浄土教-智??教学を中心として
いのちは誰のものか-ジョン・ロックにおける所有権の設定をめぐって-
功徳雲比丘の念仏に就いて
落葉集
ソーシャル・ケースワークを考える
青年学徒への待望-仏教復興のたゞ中に佇みて
證得往生義
狂気,宗教,哲学
ヘーゲルの哲学形成における芸術と宗教の位置
廬山寺所蔵「選択本願念仏集」について
観無量寿経の要旨-特に念仏三昧を中心として
道覚法親王雑考
欣浄縁の五文について
英語の難しさ(要約)-とくに意味と言葉を中心として-
詩僧文暢に関する二、三の問題
THE DIFFICULTY OF ENGLISH FOR JAPANESE SPEAKING PEOPLE(ESPECIALLY IN THE MEANING OF WORDS)
証空教学に見る名目の理解-観門の意義-
西山の阿弥陀仏観
森田療法の文化的背景について
要介護老人の福祉-在宅ケアを中心に-
観門義筆録の日付について
祈り
「三心」について
門弟よりみたる西山証空とその浄土教
ケースワークの過程を考える 上
「法水分流記」に現われた西山の寺々
自筆鈔・他筆鈔・積学鈔の特徴
二十五菩薩練供養の多変量解析による色彩学的考察-当麻寺と得生寺について-
リクールにおける「行為し苦悩する人間」
茂右衛門伝説考
空覚の刊本について
源語初音の表現構成-終助詞「かし」による文末規定-
多文化教育をめぐる論争と課題
はげまざるも悦ばし
宇都宮氏の浄土教信仰
証空教学に見られる衆生についての一考察
観経の宗について
証空教学における阿弥陀仏と衆生の接点 1,
西山往生院における布薩・自恣
六種震動について
布薩略作法
如来蔵思想の考察
自恣略作法
昭明太子蕭統と仏教
「光明寺史余話」
略布薩用心
メディアと教育
蘇東坡の祈雨と「太平広記」
戦国期・西山深草義教団の動向について
庭園と浄土教
仏祖宗派世譜 8巻
学生生活への充実感・福祉へのコミットメント傾向と身辺生活事象への心理的距離との関係についての心理学的研究-短大生での予備的研究-
今年度総会を迎へて
勇猛心は信仰から
第七回総会を迎へて
先づ支那問題を解決せよ
名古屋大会の意義 -超非常時仏青の躍進と
日満華仏教徒の結盟
浄青運動の現勢

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る